HOMEトラベル@ch > くろだ・せつの「とっておきのお店」教えます!
アイユィズーモンヨウシエンツァオ
愛玉之夢遊仙草
台湾の夏は長く、そして暑い。10月になっても夏日が続くことがある。そんな台湾の夏は、滋養効果のあるひんやりとしたスイーツで夏バテ寸前のからだを癒したい。

10人で満席となるお店「愛玉之夢遊仙草」は、歩道にまでいすとテーブルを並べています。そこにまたテイクアウトをする人たちの列ができる。よほど気をつけていないと見逃してしまいそうな小さいお店に、なぜ人気が集まるのでしょう?

ここのウリは店名にもなっている「愛玉(アイユィ)」と「仙草(シエンツァオ)」。両方とも美容、滋養、暑気払い、ノドの渇きに効果がある食材です。低カロリーなのも女性に好まれる理由です。

「愛玉」は日本で「オーギョーチ」と呼ばれる台湾特産の山地植物。この実から薄い黄金色の半透明のゼリーを作ることができます。「愛玉」自体には味がなく、ハチミツなどの甘いシロップをあわせていただく。あちこちで屋台売りも見かける代表的な台湾スイーツです。“つるん”としたのど越しが気持ちよく、一度食べたら病みつきになりそうな食感なのです。

「愛玉檸檬冰(アイユィニンモンピン/45元)」はさっぱり、さわやかな味わい 台湾ならではのトッピング材料
「仙草綜合冰(シエンツァオゾンハーピン/45元)」はミルクをたらして食べるとおいしい 華流スターのサインがずらり!
「愛玉之夢遊仙草」ではその食感が「天然モノは違う!」と、台湾中部の阿里山に自生している「愛玉」をわざわざ先住民たちから買い付けている。幼い頃から「愛玉」を食べ親しんでいる台湾の人たちは、違いに惹かれてこのお店に通うようです。

「仙草」は、ハーブ特有の香りを持つ、ほろ苦い薬草の一種。香りが強い台湾産の「仙草」と、濃厚な味のインドネシア産のものを併用しているとか。このミックスの妙が他店に抜きん出るおいしさの仙草ゼリーを作り出している。口に入れたとたんにとろけてしまうやわらかさも格別です。

お店の看板メニューは「愛玉」と「仙草」を組み合わせた「愛玉仙草冰」です。それぞれにタピオカやあずき、白玉などを加えたボリュームのある「綜合冰(ゾンハーピン)」も人気です。お好みでさまざまなトッピングができるので、店頭に並んでいるのを見ながらあれこれと迷うのも楽しい。

それとこのお店を「ライブ台湾」で紹介するには、他に理由があるのです。一面の壁に華流スターを始め、有名人のサインがいっぱい!「183CLUB」や「5566」と同じプロダクションの5人組ユニット「K-ONE」のサインも。お店の人の話では、周杰倫や林俊傑のスタッフも「彼らが食べるから」と言って買いに来るとか。おいしい台湾スイーツをいただきながら、お目当てのスターのサインを探してみては?夢中になって台湾の暑さも忘れてしまうかも。


「愛玉之夢遊仙草(アイユィズーモンヨウシエンツァオ)」
台北市通化街56号
電話:02-2706-1257
営業時間:12:00〜深夜3:00
無休
総合案内 お問い合わせ
『ライブ台湾』の掲載されている情報の無断転用を禁じます。