ホームニュース > 記事

リン・チーリン 不動産投資に興味あり

[2012年01月05日(木) / 聯合報╱顏甫]
華流ニュース リン・チーリン 不動産投資に興味あり

 昨年の収入が2億元を超えているという林志玲(リン・チーリン)。先日、400万人民元(約1920万台湾ドル)以上とも伝えられているギャラでイメージキャラクターを務める不動産のPRイベントに出席。最近、新たに中国で二つの不動産のイメージキャラクターを務めることになったチーリン。インタビューでは「将来は不動産投資をするかもしれない」とコメント。投資先は中国の可能性が最も高いようだ。

 年末年始は台湾に帰国し、家族で旅行に出かけたチーリン。旅行中に風邪を引いてしまった彼女は、かすれた声でご挨拶。それでも多くの人々を惹きつけていたチーリン。中国で不動産の売れ行きが低迷している中。不動産業者は大金を投じて人気芸能人を起用、客の購買意欲を刺激しようとしているようだ。

 昨年、中国の重慶に建てられた不動産のイメージキャラクターを務めたチーリン。不動産業者は彼女のギャラのほか、台湾で行った広告の撮影費用など数千万人民元を負担したというが、PRイベントでは数十戸の販売契約が成立。中国で人気の范冰冰(ファン・ビンビン)も別の不動産のイメージキャラクターを務めているが、ギャラが高額なわりには成立した販売契約の数が少なく、チーリンほどの効果は出ていないのだという。

 今後も不動産のイメージキャラクターを務めることになり、不動産投資にも興味が出てきたというチーリン。今はまだ勉強中だが、将来は台湾や中国への不動産投資も考えていると話していた。

(c)udn.com & ライブ台湾


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ