ホームニュース > 記事

ビビアン・スー 恋人との破局を認める

[2011年10月17日(月) / 聯合報╱項貽斐]
華流ニュース ビビアン・スー 恋人との破局を認める

 恋愛は仕事ほど順調に行っていないようすの徐若瑄(ビビアン・スー)。先日、賀錫敬(レオ・ハー)との破局が伝えられたビビアン。その後、中国の週刊誌の電話インタビューに応じた際、「恋愛の大部分はご縁の問題。私が努力しても良い結果になるとは限らない。努力しても相手が心変わりをすれば、どうすることもできないわ」とコメント。レオとの破局を暗に認める発言をしていたが、マネージャーは「ビビアンは恋愛観について語っていただけ」と話し、プライベートについてはノーコメントだった。

 廣豐グループの三代目であるレオの一年にわたる交際にピリオドを打ったビビアン。最近は仕事に全力を尽くし、3作の出演映画が上映開始されるなど活躍を続けているが、仕事のために恋愛や友情をあきらめることはないようす。「恋愛には100パーセントで臨むので、喜びも100パーセントだけど、傷つくのも100パーセントなの」ともコメントし、恋愛と仕事の両立についてはまだ勉強中で、今のところは仕事がメインというビビアン。率直で善良、誠実であることを重視する彼女は、自らもそのような態度で恋愛や仕事、家族や友人に接していると話していた。

(c)udn.com & ライブ台湾


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ