ホームニュース > 記事

映画『モンガに散る』一般試写会を5組10名様にプレゼント!

[2010年11月25日(木) /ライブ台湾]
華流ニュース 映画『モンガに散る』一般試写会を5組10名様にプレゼント!

 2010年に公開された台湾映画として本国台湾では最高動員数を記録し、第83回アカデミー賞外国語映画賞に台湾代表作品として選定された映画『モンガに散る』(原題:『艋舺』/英題:『MONGA』)が12月18日(土)よりシネマスクエアとうきゅう他にて全国公開されるのを記念し、ライブ台湾では記事をリツイートしてくれた方の中から5組10名様に映画『モンガに散る』の一般試写会をプレゼント!!この機会をお見逃しなく!

<映画『モンガに散る』一般試写会>
日時: 12月8日(水)18:00開場/18:30開映
場所:ブロードメディア・スタジオ試写室(月島)
〒104-0052 東京都中央区月島1-14-7旭倉庫2F
東京メトロ有楽町線/都営地下鉄大江戸線 月島駅7番口徒歩5分

応募締切:11月30日(火)
※ライブ台湾「ツイッター」をフォローの上、画面下の「Retweet(リツイート)」ボタンでリツイートしてくれた方の中から抽選で5組10名様にプレゼント致します。
※当選された方が、試写会当日おこし頂けない場合は、順次当選者を変更させていただきます。

<STORY>
1986年、台北一の繁華街・モンガは、商業地区として繁栄する裏側で、多くの極道組織がひしめき合い縄張り争いを繰り広げる、抗争の絶えない街であった。この街に、母親と引っ越してきた高校生の“モスキート”は、転校初日に些細なことからクラスの不良グループに因縁をつけられる。放課後、待ち伏せしていた不良グループに追いかけられるモスキートの様子を偶然目にしたのは、モンガで一番の権力を握る極道、廟口(ヨウカウ)組の親分の一人息子で校内勢力を仕切っている“ドラゴン”と、彼の率いるグループだった。たった1人で不良グループと奮闘するモスキートを気に入ったドラゴンは、彼を仲間に迎え入れる。

極道の世界に戸惑いつつも、生まれて初めて出来た友達とケンカに明け暮れながら、モンガの街で青春を謳歌していくモスキート。幼い頃から一目置かれる存在のドラゴンと、ドラゴンの幼馴染で頭の切れる影のリーダー“モンク”、お調子者の“アペイ”、腕っ節の強い“白ザル”。いつしか5人は義兄弟の契りを交わし、固い絆で結ばれていく。彼らにとって、このモンガの街、そして義兄弟がすべてだった。そんな中、街の利権を狙う新たな勢力がモンガに乗り込みはじめる。それをきっかけに、モンガの街に大きな抗争の波が押し寄せる。激しい抗争と陰謀に巻き込まれたモスキートたち5人は、それぞれの想いを抱えながらも、この街を守ろうと戦っていた。しかし、この戦いは、やがて彼らに哀しい運命をたどらせていく・・・

監督:ニウ・チェンザー
出演:イーサン・ルアン、マーク・チャオ、マー・ルーロン、リディアン・ヴォーン、クー・ジャーヤン
提供:ハピネット/ブロードメディア・スタジオ
配給:ブロードメディア・スタジオ
2010年/台湾/141分/原題:艋舺(MONGA)/字幕翻訳:税田春介
(c)2010 Green Days Film Co. Ltd. Honto Production All Rights Reserved.

12月18日(土)シネマスクエアとうきゅう他お正月全国順次公開!


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ