ホームニュース > 記事

 大阪アジアン映画祭2010「アジア映画最新作初上映」 3月10日(水)〜14日(日)開催!

[2010年02月11日(木) /ライブ台湾]
華流ニュース  大阪アジアン映画祭2010「アジア映画最新作初上映」 3月10日(水)〜14日(日)開催!

 

日本初上映&劇場未公開の珠玉のアジア映画12本、上映作品決定!!

 3月10日(水)に開幕する大阪アジアン映画祭2010「アジア映画最新作初上映」のラインアップが決定。アジア映画を評論する第一人者である暉峻創三プログラミング・ディレクターが選出した決定作品12本は、クロージング作品を除き、すべてジャパンプレミア!また、自国以外で世界初上映となる作品も2本など、「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」のテーマそのもの、まったく見たことのないアジア映画が大挙大阪にやってきます。
 オープニング作品は香港映画の巨匠ジョニー・トー監督の『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』。なんとジョニー・トー監督の舞台あいさつ付きという、まさに映画ファンにとっては夢のような開幕となります。また、中華系作品では香港のチョン・キンワイ監督の『KJ音楽人生』や中国のワン・チュアンアン監督の『紡績姑娘』ほか、昨年の台湾映画ナンバーワン大ヒット作『聴説』(エディ・ポン主演)が日本初上映。2010年3月、大阪に元気を呼び込む春一番の熱い〝映画旋風″が巻き起こります。

★台湾映画『聴説』が日本初上映★
『聴説』Hear Me
2009年/台湾/109分
監督:チェン・フェンフェン(鄭芬芬)
主演:エディ・ポン、アイビー・チェン、ミシェル・チェン
◎映画、テレビ(「ハチミツとクローバー〜蜂蜜幸運草〜」等)で大活躍の若手エディ・ポン主演の09年台湾映画ナンバーワン大ヒット作。笑いあり涙ありの青春ヒューマンドラマ。エディ演じる陽気な弁当やの一人息子と、プールで出会った姉妹のサイレントな恋物語。

大阪アジアン映画祭2010「アジア映画最新作上映」
テーマ:大阪発。日本全国、そしてアジアへ!
日程:2010年3月10日(水)〜14日(日)
会場:ABCホール(福島・ほたるまち)
料金:前売1000円/当日1200円
※前売券は2月6日(土)よりチケットぴあにて発売開始!
電話予約:0570-02-9999
電子チケットぴあ:http://pia.jp/t/oaff/
チケットぴあ店舗、コンビニ(ファミリーマート、サークルK、サンクス)にて

主催:大阪アジアン映画祭実行委員会
(大阪市、NPO法人コミュニティシネマ大阪、財団法人大阪城ホール、財団法人大阪21世紀協会、朝日放送株式会社、ぴあ株式会社)
公式ホームページ:http://www.oaff.jp

■台湾直輸入アイドル雑誌『fans』 台湾版
アジアの人気スターをピックアップしてご紹介する雑誌「fans」のご購入はこちらから
http://livetaiwan-shop.jp/SHOP/563254/list.html
■エディ・ポン出演の『あすなろ白書』1話目無料で絶賛配信中!
ショーン・ユー&エディ・ポンを一躍有名にした柴門ふみ原作の華流ドラマ!
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/drama/dorama_asunaro.php


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ