ホームニュース > 記事

 五月天(メイデイ)2009年DNA創造ワールドツアーコンサート東京公演!

[2009年11月13日(金) / ライブ台湾]
華流ニュース  五月天(メイデイ)2009年DNA創造ワールドツアーコンサート東京公演!

11月3日、五月天(メイデイ)DNA創造ワールドツアーコンサート東京公演がZEPP TOKYOで行われた。ステージのセットは全て台北から運ばれたものを使用。今回のコンサートのために特別に制作された映画も上映された。中国での公演を終えてすぐに東京に来たメイデイだったが、その疲れを見せることなく熱唱した。

今回のコンサートツアーのために特別に制作した映画でオープニングからファンを驚かせたメイデイ。ファンの期待が高まる中、コンサートは一曲目の「軋車」で始まった。続いて「你不是真正的快樂」、「知足」、「瘋狂世界」、「人生海海」、「孫悟空」などを熱唱。阿信(アシン)は「どうして女性の声しか聞こえないんだ?男性もガンバレ!」と叫び、会場のファンと一緒に歌い踊った。また、スローテンポの曲になると、大げさな特殊効果は一切なし。歌詞に込められたみんなの心の中にある生活の不安や未来への期待をしっとりと歌いあげた。

 途中、ファンに日本語であいさつをしたメイデイ。瑪莎(マサ)と怪獣(モンスター)はカンペを見ながら勉強した日本語を披露。石頭(ストーン)は手のひらに書いた日本語を見ながらあいさつ。冠佑(ミン)は少し困った様子で「日本に来る前に本を買って日本語を勉強したけど、覚えた日本語は全部言われてしまった」と話し、アシンはカンペを見ることなく「こんにちは」ときれいな発音であいさつ。ファンを驚かせたが、「実はこの一言だけなんだ」の言葉に会場は笑いに包まれた。「会場には仕事や留学で日本に来ている中華系のファンも大勢いるようだけど、こうしてコンサートで一緒に楽しむことができてうれしいよ」と話したアシン。日本滞在中に中華料理店に行った時、ちょうどメイデイの曲が流れていて気がつかれるのではないかと心配したのに、結局その店で誰にも気がつかれなかったエピソードを披露。「もし台湾で僕らを見かけたら絶対に声を掛けてよ」と話していた。その後、「垃圾車」に続いて、ファンと一緒に「憨人」を歌いコンサートは幕を閉じた。

 また、コンサートの後に行われた記者会見で、親交のあるGLAYについて「GLAYも今コンサートのリハーサル中だから会場には来てもらえなかった」と話したモンスター。世界各国のファンを比べてみた感想を聞かれたアシンは「台湾のファンはいつも見守ってくれる親しい人で、中国のファンは最も情熱的。日本のファンは最も冷静だけど、僕らへの愛はほかのファンに負けないと思う。台湾語の歌詞で歌ってくれた時は感動した」と話した、今回のワールドツアーの最後を締めくくる台湾の高雄で行われるコンサートにも来てほしいと述べていた。

(c)udn.com & ライブ台湾

 
■台湾直輸入アイドル雑誌『fans』 台湾版
アジアの人気スターをピックアップしてご紹介する雑誌「fans」のご購入はこちらから
http://livetaiwan-shop.jp/SHOP/563254/list.html


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ