ホームニュース > 記事

金城武 次回作のためにロサンゼルス訪問?

[2009年11月02日(月) / 聯合報/葛大維]
華流ニュース 金城武 次回作のためにロサンゼルス訪問?

 先日ロサンゼルスでファンに目撃された金城武。彼がロサンゼルスに行ったことを認めた所属事務所は「彼には現地の友人がおり、旅行で遊びに行っただけのこと。まさか目撃されるとは思わなかった」と話していた。

 周杰倫(ジェイ・チョウ)の『青蜂俠(グリーン・ホーネット)』、李秉憲(イ・ビョンホン)の『G.I.ジョー』、Rain(ピ)の『ニンジャ・アサシン』などアジアスターが次々ハリウッドに進出する中、ロサンゼルスを訪れた金城武。ハイウッド作品への出演が注目されている。

 王家衛(ウォン・カーウァイ)監督の『恋する惑星』で一躍有名になった後、PRADAのイメージキャラクターを務めるなど活躍していた金城武。しかし、その後の外国映画出演作品は限られており、1998年にミラ・ソルヴィノと共演した『ニューヨーク・デイドリーム』の人気が予想していたほど伸びなかったのを機にハリウッド作品からも距離を置き、トム・クルーズ主演の『ラストサムライ』にも出演しなかったという。

 張藝謀(チャン・イーモウ)監督の『LOVERS』や呉宇森(ジョン・ウー)監督の『レッドクリフ』などに出演し、再びハリウッドからの注目を集めている金城武。実際にハリウッドからのオファーを受けているという所属事務所は、契約確定前に公にすることはできないとし、中国のインターネットサイト上で彼が『風聲前傳』に出演すると伝えられたのも、全くの噂だと話している。

 ここ2年間で『投名状』や『レッドクリフ』、『K-20:怪人二十面相』に出演し、広告撮影などもこなしてきた金城武。今は休暇を取りながら慎重に脚本を選び、次回出演作を決めているところだという。

(c)udn.com & ライブ台湾

 
■台湾直輸入アイドル雑誌『fans』 台湾版
アジアの人気スターをピックアップしてご紹介する雑誌「fans」のご購入はこちらから
http://livetaiwan-shop.jp/SHOP/563254/list.html


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ