ホームニュース > 記事

ジェイ・チョウ ハリウッドに進出

[2009年08月10日(月) / 聯合報/葛大維]
華流ニュース ジェイ・チョウ ハリウッドに進出
 ジェイ・チョウ

 アジアポップス界のキング ジェイ・チョウ(周杰倫) は歌のみならず俳優、監督としても大活躍しているが、そのジェイがついにハリウッドに進出することとなった。コロンビア ピクチャーズ制作の映画『グリーン・ホーネット(THE GREN HORNET)』に主役とともに戦うカトー役を演じることとなった。昨日映画製作会社から正式にジェイのキャスティングが決まったと発表されると、ジェイの事務所も「国際的な作品に出演できてとても喜ばしい。精一杯頑張りたい」と声明を出した。

 ジェイが演じる“カトー”役はかつてブルース・リー(李小龍)も演じた重要な役で、カンフーの使い手という設定だ。制作会社は早くからジェイに着目しており、脚本も事務所に手渡していた。内容から挑戦しがいがあると判断した事務所はジェイのスケジュールを考慮し、撮影期間の相談に入っていた。

 一ヶ月前、ジェイはミシェル・ゴンドリー監督と脚本のセス・ローゲンの前でカメラテストを受け、英語のセリフを読みあけてカンフーの演技を披露した。問題は英語ではなく、カンフーの技能。カメラテスト後、すぐにキャストはジェイに決定したそうだ。
 現在、ジェイは監督をつとめる『熊猫人』にとりかかっており、今月はさらに中国での大きなコンサートが2つも控えている。それらすべてを終わらせてから、ハリウッド映画『グリーン・ホーネット』に集中する予定。撮影には数ヶ月かけ、来年の夏に公開される。

(c)udn.com & ライブ台湾


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ