ホームニュース > 記事

『イタズラなKissII〜惡作劇2吻〜』の出演者が【イタキス診察会】に登場!

[2009年07月23日(木) /ライブ台湾]
華流ニュース 『イタズラなKissII〜惡作劇2吻〜』の出演者が【イタキス診察会】に登場!
 ジョセフ・チェン、アリエル・リン、タン・ユージャ
 

不朽の名作『イタズラなKiss』をドラマ化し、台湾で大ヒットをよんだ『イタズラなKissII〜惡作劇2吻〜』の初回DVD−BOX1・2の購入者を対象に開催されたイベント【イタキス診察会】に主演のジョセフ・チェンさん、アリエル・リンさん、そしてタン・ユージャさんが登場しました!
ジョセフたちにとっても“サイコー!”なイベントとなった【イタキス診察会】にはなんと3000人(昼の部と夜の部で)もの方々が集まってくれました。来てくれたファンをがっかりさせたくない3人はすべてのプログラムをしっかりとこなし、ファンも大満足のうちにイベントは無事終了。その後、この日集まった多くのマスコミのフラッシュがひっきりなしに光るなか、3人は勉強して覚えた日本語を交えて取材にこたえてくれました。楽しい取材の様子をぜひご覧ください。

イベントの感想はいかがですか?

ジョセフ:昼の部で1700人ものファンとハイタッチができて本当に楽しかったです。熱心な方や恥ずかしがる方とさまざまですが、僕らを支えてくれるこんなに多くのファンと直接会えたことがうれしく、色々な反応が見れて面白かったです。
アリエル:本当にそうですね。私たちにとってはドラマの撮影が終わってしばらくたっているのですが、皆さんはまるで今見終わったばかりというくらい熱くて、しかも私のことを“湘琴”(琴子)と一生懸命呼んでくれて本当に嬉しかったです。撮影を始めたばかりの気持ちになりました。
ユージャ:以前プロモーションで来日してからもう1年たちますが、今も温かく応援してくれて嬉しく思いました。次回の来日まで、今回のイベントが皆さんの素敵な思い出になってくれればいいなと願っています。

ドラマの中ではデートのシーンが多くでてきますね。ドラマのようにペアルックを着てデートしたりすることは?

ジョセフ:彼女とペアルックでデートなんて今の僕にはムリですよ! どちらかというと同じデザインで色違いの服を着る方がいいかな。ドラマにあるようなデートは憧れますが、人の多い西門町(※渋谷のような繁華街)での待ち合わせは不可能でしょう。ペアルックは嫌いではありませんが、同じ服を着るなんて学生の制服みたいだな、と思うんですよね(笑)
アリエル:ドラマみたいにあんなに人が集まるところでデートなんてできないですね。私だったら、家で会うことを考えます。彼が来るまでに部屋を飾って料理の用意をしたりとかね。2人っきりの世界で過ごすほうが好きですね。
ユージャ:僕も人の集まるところは選ばないですね。邪魔者がいないところ、例えば家でしょうか。あるいは誰も知らないところ、海外とかかな。2人で思いっきり自由を味わえるところがいいですね。

あなたにとっての“イタズラなキス”といえば?

ジョセフ:苦手な動物とのキスです。例えばゴキブリとかね!(笑)
アリエル:大嫌いな人とのキスです! 嫌〜な人からキスされたら殴っちゃうわ(笑)
ユージャ:男からのキス! 男同士で集まると酔っ払ってキスしてくるのがいるけど、それこそ僕にとっては“イタズラなキス”です。

忙しい中の来日ですが、行ってみたいところは?

ジョセフ:毎回、日本に来る前に色々と計画をたてるのですが、実際はスケジュールが一杯でどこにも行く時間がありません。本当は渋谷に行って僕の足のサイズに合う靴が買いたいですね。気に入った靴があってもサイズが合う靴がなかなかないんです。ザンネンデスネ!(笑)
アリエル:日本は今ちょうどセールなんですよね。でも時間がないんです。思いっきりショッピングがしたいわ!
ジョセフ:ザンネンデスネ!(笑)
ユージャ:実は、僕先月プライベートで日本に遊びに来たんです。ですので今回はおいしい物をたくさん食べてみたいですね。スケジュールの関係でどこまで実現できるか分かりませんが・・・。
ジョセフ:ザンネンデスネ!(笑)

最後にファンに一言!

ジョセフ:(日本語で)来てくれてありがとうございます。イタズラなキスは面白い!見てね(笑)ありがとうございます。
アリエル:(日本語で)どうもありがとうございます。イタズラなキス、見てね!
ユージャ:皆さん、今日は来てくれてありがとうございます。ドラマにとっても僕たち出演者にとっても、とても大きな力になりました。ドラマの宣伝、宜しくお願いしますね!ありがとう!

ドラマ公式サイト http://ItaKISS.TV


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ