ホームニュース > 記事

香港映画で活躍 ダニエル・ウーさんインタビュー!

[2009年06月15日(月) /ライブ台湾]
華流ニュース 香港映画で活躍 ダニエル・ウーさんインタビュー!
ダニエル・ウー
 

マイケル・ベイ監督『トランスフォーマー/リベンジ』のワールドプレミアのために、
香港から来日したダニエル・ウーさんのインタビューを紹介します。
香港四天王と呼ばれ、その端正な美貌から多くの女性ファンの心をつかんでいるダニエル・ウーさんはアクションもこなす万能俳優。映画で見せる貴族的で物静かな雰囲気と違い、インタビュー中のダニエルさんはとても気さくで親切。しかも香港映画に対する強い思いを持つ、“熱い男”でもありました。ダニエルさんの素顔をのぞけるインタビューをぜひお楽しみください。

ワールドプレミアに参加された映画『トランスフォーマー/リベンジ』の見所は?
とても面白い映画です。第一作よりもっと面白いと思いました。最初から最後まで目が離せないアクション映画です。CGと実写とのつながりも素晴らしい。以前のCG作品はどうしても役者とCGとの間にズレがありましたが、本作はロボットと人間が本当に一緒に撮っていると思うほど見事に両者の演技が一致しています。
アクション映画はどちらかというと男性好みですが、『トランスフォーマー/リベンジ』の中には恋愛の要素もあって、女性も好きになると思いますよ。僕の彼女はあまりアクション映画が好きなタイプではないのですが、一緒にこの映画を観てとても感動したと言っていましたし、悲しいシーンでは泣いてもいましたよ!こういったCG作品で人を感動させるのは難しいと思います。僕は昔、スピルバーグ監督の『E.T』を観たとき泣きましたけれどね。実在しない登場人物に感情移入させるという点では、『トランスフォーマー /リベンジ』も成功しています。こんなハデなアクション映画なのに感動もするなんて、本作はマイケル・ベイ監督の成功作品といえるでしょう。

監督の経験もありますが、このような作品を撮りたいと思いますか?
いいえ!(笑)。難しすぎます。“どうやって撮ってるんだろう”と考えながらこの映画を観ていたくらいですからね。迫力ある爆破シーンやCGを駆使した目を奪うシーンがたくさんあるこういった映画はアジアでは少ないですよね。やはりハリウッドの技術があるからこそ撮れる作品だと思っています。

監督として今後も映画を撮りますか?
撮り続けますよ。今2作ほど考えていますが、まだ脚本に書き起こしていません。そのうち1本は香港映画です。最近、以前のような勢いのある香港映画が少なくなっていますから、昔のような香港映画を撮りたいと思っています。

日本での撮影も多いダニエルさんですが、忘れられない思い出などは?
たくさんありますよ。16才で日本に留学したとき、夏休みに京都や沖縄、大阪、東京などに行ったのが、とても印象深かったですね。大学になってから建築を学びました。本当は中国建築を勉強したかったのですが、文化大革命があってから伝統的な建築はほとんど残っていませんでしたので、日本の伝統建築を学ぶことにしました。京都大学へ交換留学で訪れたときは、お寺に寝泊りして朝は座禅を組み、その後、庭を掃除したりしましたよ。日本の伝統建築を学びたいなら、禅を知らなくてはいけないと言われたからです。芸能界に入ってからは撮影や映画祭のゲストなどで、もう20回以上日本を訪れていますね。

共演したい日本の俳優や監督はいますか?
幼いときは高倉健さんに憧れました。男らしいですよね。今、共演したいと思う方は浅野忠信さんです。とても好きです。あと、好きな監督はSABUさん。独特のブラックユーモアがたまりません。タランティーノ監督と雰囲気が似ている感じがします。それに何より、歌手から俳優、その後監督になったという経緯も憧れます。
 それから、北野武さん。有名なコメディアンだけど、監督をされるときはまったくの別人と聞いています。自分の撮りたい映画を撮る、そのスタイルが好きですし、自分の夢を実現したという点でも素晴らしいと思います。

今後どんな作品や役に挑戦したいですか?
子供の頃から撮りたいと思っていたのは武侠映画ですが、役者としてはコメディに挑戦したいですね。今まで演じたことがないんです。コメディは一番難しいと思います。アメリカの作品や、チャウ・シンチーの作品みたいなコメディがいいですね。

今後の予定は?
もちろん俳優としていろんなことに挑戦していくつもりですが、一方で香港映画を守るために監督も続けたいです。香港映画の伝統を守っていかないと、なくなってしまいますからね。

ファンの方々に一言
応援してくれてとても感謝しています。『トランスフォーマー/リベンジ』のワールドプレミアに出て驚いたのですが、私が誰か知っている日本人の方が多かったんですね。以前は、香港映画や中国映画のファンのみに知られていましたが、今はハリウッド映画も好きという方にも知られているというのは嬉しかったです。
 俳優は歌手と違ってファンと触れ合う機会が少ないですから、上映会などでファンに会えるのはとても大きな励みになります。

映画『トランスフォーマー/リベンジ』
6月19日公開
http://www.tf-revenge.jp/

ダニエル・ウーさん直筆サイン色紙を3名様にプレゼント!
応募はこちらからお願いします。


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ