ホームニュース > 記事

 台湾芸能人がささえるLove Lifeの活動

[2009年05月19日(火) /ライブ台湾]
華流ニュース  台湾芸能人がささえるLove Lifeの活動
 

 プライベートでも仲のいいカップル ヘイレンことブラッキー・チェン(黒人/陳建州)とファンファンことファン・ウェイチー(范☆★ )。2人は重い病と闘う子供たちと交流を深め、生命をいとおしむ心の大切さを広げようとLove Lifeの活動を開始。彼らの活動に共感する多くの芸能人も仲間に加わっている。

 93号病室にはガンと闘う子供たちがいる。ヘイレンは、ある企業の活動を通し彼らと出会った。不治の病に犯された彼らは、しかし、とても明るい表情をしており、励ますつもりで訪れたヘイレンは逆に彼らから生きる力をもらったことに大きな感動を覚えたのだった。それから、仕事で時間が空けば、彼女であるファンファンを伴い、彼らの場を訪れるのが日常となった。

 ヘイレン「僕は幼い頃に父を飛行機事故で亡くした。テレビのニュースで父の死を知ったんだ。あっという間の死。すぐには受け入れられいよ。「なんで僕なんだ」と不幸を呪った。生と死について様々な本を読みあさったけれど、意外にも答えはあの子供たちがくれた」
 ファンファンにとって一番忘れられないのはドラのお母さんとの会話だそうだ。彼女の母親は「病気のことでも何でも、娘と話してちょうだい。私たち、別れについて話し合ったの。娘は私のお姫さまだけど、あなたはこれから違う星に行くのよ、と言ってあるわ」と明るく教えてくれ、母と子を「とても偉大に思った」と語っている。そんなドラにヘイレンはかつて「テレビに映る人がウジウジ悩んでいるのを見るとどう思う?」と聞くと、「ばかね!と思うわ」と答えたそうだ。

 病気の子供たちの中にはかつて、スケートが得意だった子、ヴィオラがじょうずだった子がいる。ガンにかかっていることが分かった今は、病室でじっと病と闘うしかない。大人でも泣きたくなるくらいの辛い注射と苦い薬。しかし、彼らは決して生きることをあきらめない。希望で瞳を輝かせ、いつか病に勝つことを信じている。ヘイレンとファンファンは世間の多くの人に、彼らを通し生きる大切さを知って欲しいと、Love Lifeの活動を積極的に広めている。

 ライブ台湾では今後、そんな彼らの活動を紹介していきたいと思っています。

Love Life 公式ホームページ(中国語)
http://www.ilovelife.com.tw/

☆[王韋]
★[王其]


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ