ホームニュース > 記事

イーサン・ルアン マフィアにあいさつ

[2009年05月11日(月) / 聯合報/項貽斐]
華流ニュース イーサン・ルアン マフィアにあいさつ
 イーサン・ルアン

 ニウ・チェンザ(鈕承澤)監督が一度は制作を断念した青春映画『★☆』の撮影を、今年の8月から開始する。この映画は5年前、ジェイ・チョウ(周杰倫)を主演に共同で撮影するはずだったが突然のジェイの降板に頓挫した因縁の作品。しかも映画の公開は春節を予定しており、ジェイが主演する映画『刺陵』と重なる。ニウ監督は気まずそうに「過去のジェイの協力には感謝する」と話しつつも、「僕にとってこの映画はここ数年で唯一春節に公開できる作品。どうしてもやりとげたい」と意気込んでいた。

 主役を演じるのは、現在人気急上昇中のイーサン・ルアン(阮經天)。80年代の台北を舞台に、マフィアの役に挑戦する。3年前に、ニウ監督の『★☆』に出られたらいいなと思っていたというイーサン。まさか主役を演じることになろうとは夢にも思わなかったそうだ。「ギャラに関係なく絶対に出演したい」と興奮気味に話すイーサンに、総合プロデューサーが「じゃあ、ギャラの相談をし直そうか」と冗談で答える一幕もあった。

 明るい性格のイーサンが演じるのは本人とまったく正反対の役柄。しかし、ニウ監督は「彼なら大丈夫」と信頼している様子。カンヌ映画祭に出品する『台灣之夜』のプロモーションを終えたら、すぐにイーサンのアクション指導を始め、さらにマフィアのボスのところへ一緒に挨拶にいく予定だそうだ。

★[舟孟]
☆[舟甲]

(c)udn.com & ライブ台湾


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ