ホームニュース > 記事

映画『レッドクリフ Part II ー未来への最終決戦―』“追風 孔ピー”プレゼント

[2009年03月31日(火) /ライブ台湾]
華流ニュース 映画『レッドクリフ Part II ー未来への最終決戦―』“追風 孔ピー”プレゼント
映画『レッドクリフ Part II ー未来への最終決戦―』“追風 孔ピー”プレゼント
 

公開がせまる映画『レッドクリフ Part II ー未来への最終決戦―』。ジョン・ウー監督の戦国絵巻もついに最終章です。記念すべき4月10日の一般公開前に、愛らしい「追風 孔ピー」を5名様にプレゼントいたします!

 春から新生活を向かえる皆さんに“追い風”を吹かす「追風 孔ピー」。ぜひ手元においていい風を期待したいですね!
締め切りは4月12日(日)です。皆様のご応募をお待ちしております!

応募はこちらから!
https://archiweb.securesites.net/livetaiwan/090327_pre_criff.html

『レッドクリフ PartII −未来への最終決戦−』
【あらすじ】
曹操の非情な作戦の前に、男たちの結束は崩壊。
連合軍は絶体絶命の窮地に追い込まれる!

男装して曹操軍に潜入する、孫権の妹・尚香(ヴィッキー・チャオ)。尚香は曹操軍に疫病が蔓延していることを伝書鳩に託して孔明(金城武)に伝えるが、その後戦慄の光景を目撃する。
疫病でなくなった兵士たちの死体が船に積まれ、連合軍のいる対岸へと流されていたのだ。曹操の冷酷非情なやり方に、周瑜(トニー・レオン)をはじめ、連合軍は憤りを感じるが、傷ついた兵士と広がりつつある疫病を目の当たりにした劉備は自軍の兵と民のために、撤退を決意してしまう。
しかし、孔明は周瑜とともに戦うため、ただひとり戦地に残るのだった。
 劉備たちが去った後の陣営には、十分な食料もなく矢も5万本程度しか残っていなかった。劉備たちが4万本の矢を持って行ったことの責を問われた孔明は、三日で10万本の矢を調達すると周瑜に宣言。
激しい戦いが繰り広げられるなか、ある日、自分が戦争の発端であることを知ってしまった小喬は、一艘の船に乗って曹操のもとへと向かうのだった……。
 圧倒的な戦力差の連合軍に、はたして勝機はあるのか!?周瑜は小喬を取り戻すことができるのか!? 孔明の秘策は通用するのか!? 劉備たちは戻ってくるのか!?
そして、東南の風は吹くのか!? 歴史に残る大戦"赤壁の戦い"がいよいよ決着の時を迎えようとしていた。

4月10日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国超拡大ロードショー
公式HP http://redcliff.jp/index.html

監督:ジョン・ウー 製作:テレンス・チャン、ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童 (特別出演)、リン・チーリン (映画初出演)

2009年/アメリカ・中国・日本・台湾・韓国/35mm/144分/シネスコサイズ/ドルビーデジタル/字幕|戸田奈津子/翻訳|鈴木真理子/監修|渡邊義浩(大東文化大学)
主題歌|alan「久遠の河」(avex trax)
(c) 2009, Three Kingdoms, Limited. All rights reserved.


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ