ホームニュース > 記事

ジョン・ウー監督の新作はラブストーリー

[2009年03月18日(水) / 世界日報]

 撮影が中止されるのではと伝えられていたジョン・ウー(呉宇森)監督の『1949』は、『太平輪』と名を変えて撮影が実行されると中影会社の会長が表明した。

 昨年、ジョン・ウー監督はチャン・チェン(張震)とソン・ヘギョを迎え悲しいラブストーリー『1949』を撮影すると公表。ラブストーリー作品とは無縁だった監督の20年越しの願いだった。
 しかし、“東洋版タイタニック”のような内容と伝えられた『1949』について、その後監督の仕事のパートナーであるテレンス・チャン(張家振)から、「撮影はされない」とのコメントが発せられた。投資会社との意見の相違と、版権の問題が原因とみなされていたが、今回また大きな変化があったようだ。

 ジョン・ウー監督によると「クライマックスは巨大客船“太平輪”が沈むところ」とか。ジョン・ウー監督が初めて手がける悲恋物語に今から注目が集まっている。

(c)udn.com & ライブ台湾

■華流映画特集ページ
映画祭や来日記者会見等、貴重な映像と写真をお楽しみ下さい!!
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/movie/


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ