ホームニュース > 記事

カレン・モク パンダの里を訪問

[2009年02月24日(火) / 世界日報]
華流ニュース カレン・モク パンダの里を訪問
 カレン・モク

 カレン・モク(莫文蔚)がディズニーが制作する映画『Touch of the Panda(中国の原題:熊猫回家路)』のPR特番を撮影するため、四川の地震被害地とパンダの自然保護区を訪ねた。
 かつては美しい観光地として知られた自然の山が地震によって崩れ落ちているのを目にし、カレンは思わず涙を流していたが、自然保護区にいる元気な様子のパンダたちを見てようやくホッとしたようだ。カレンは被害地で暮らす人々に元気を出してと応援していた。
 「元の状態に戻すのは時間もかかるし大変な仕事。私たちの出来る限りの協力が必要だわ。地震からもうすぐ一年たつけれど、ここに来るための手配をしてくれた人たちに感謝したい。多くの人が目の前のこと、今ある貴重な自然や地球を大切にする心を持って欲しい」

(c)udn.com & ライブ台湾

■華流映画特集ページ
映画祭や来日記者会見等、貴重な映像と写真をお楽しみ下さい!!
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/movie/


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ