ホームニュース > 記事

スー・チーをお嫁に? アンディ・ラウ

[2009年01月22日(木) / 世界日報]
華流ニュース スー・チーをお嫁に? アンディ・ラウ
 個性派美女 スー・チー

 昨日、北京で映画『游龍戲鳳』の記者会見がおこなわれ、アンドリュー・ラウ(劉偉強)監督に主演のアンディ・ラウ(劉華)、スー・チー(舒淇)、チャン・ハンユー(張涵予)らが姿を現した。独身のアンディが左手の薬指に指輪をしているのがマスコミの注目を集めるなか、スー・チーは「愛にはどんな可能性もある。何でもおこるのよ」と意味深な発言をしている。

 アンディはマスコミに対し、スー・チーを絶賛。「彼女は性格もいい。アンドリュー・ラウ監督はしょっちゅう怒っていたけれど、彼女が怒っているのをみたことがない。僕は彼女の家族とも食事をしたことがあるけれど、家族仲もとてもいいんだ」
 アンディの発言を聞いてスー・チーも「彼はとても心配りのできる人。撮影中、私も色々と面倒を見てもらったのよ」とコメント。さらに「この世にはどんな愛も存在する。彼のお誘いを待つことにするわ」とアンディに笑顔をみせ冗談も。まんざらでもないアンディは「何が起こるかわからないぞ」と笑っていた。

 ちなみにアンディ・ラウは注目度の高い台湾のスター グイ・ルンメイ(桂綸★)とも車の広告で共演。サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジの下で、きつく抱き合いロマンチックなシーンを撮影していた。

★〔金美〕

(c)udn.com & ライブ台湾

■華流映画特集ページ
映画祭や来日記者会見等、貴重な映像と写真をお楽しみ下さい!!
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/movie/


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ