ホームニュース > 記事

 東京国際映画祭 映画『九月の風』ティーチイン レポート!

[2008年10月29日(水) /ライブ台湾]
華流ニュース  東京国際映画祭 映画『九月の風』ティーチイン レポート!
 映画『九月の風』ティーチイン レポート!
 

2008年10月23日、六本木で開催中の東京国際映画祭で映画『九月の風』のティーチインが行われました!監督のトム・リン、プロデューサーのイエ・ルーフェン、アソシエート・プロデューサーのゲイリーに加え、主演のマオディーとワン・ポーチェが観客たちの拍手に迎えられて登場。和やかな雰囲気の中、ティーチインが始まりました。


マオディー

トム・リン監督(日本語):みなさん こんにちは はじめまして 私はトム・リンです。どうぞよろしくお願いいたします。
イエ・ルーフェン:みなさん こんにちは イエ・ルーフェンです。今回で4回目の東京国際映画祭の参加です。毎回、嬉しい気分で参加させていただいております。特に台湾映画を持って参加できることをとても光栄に思います。
ゲイリー:みなさん こんにちは ゲイリーです。今回が初めての東京国際映画祭ですが、こんなに朝早くから多くの方に観に来ていただけて嬉しく思います。気に入ってもらえると幸いです。
ワン・ポーチェ:ワン・ポーチェです。今回初めて東京国際映画祭に参加しましたが、皆さんに温かく迎えてもらい、こんなに朝早くから作品を観に来てもらえて感激です。この映画をみなさんに気に入ってもらえると嬉しいです。
マオディー(日本語):みなさん こんにちは 私はマオディーです。よろしくお願いします。


ワン・ポーチェ

司会者:この映画が生まれたキッカケは?
イエ・ルーフェン:脚本をエリック・ツァンと彼の娘さんに見てもらったら素晴らしい作品だということで、台湾、香港、中国版を撮影しようという話になりました。トム・リン監督の前作『海岸巡視兵』も素晴らしかったのですが、今回の作品も素晴らしいもので、制作もスムーズに進みました。釜山映画祭などでも上映されましたが、とても評判が良い作品に仕上がりました。

観客a:途中で屋上の鍵が閉められ、最後に委員長が鍵を開けていましたが、あれは委員長がかけた鍵だったのでしょうか。それとも学校の教官がかけた鍵を委員長が合鍵で開けていたのでしょうか。
監督:どちらだと思いますか?
観客a:委員長だと思います。
監督(日本語):はい。
観客a:じゃあ 教官は何もしてなかったのですね。(笑い)

イエ・ルーフェン

<Q&A>
監督:私の映画を撮る手法として、すべてを明るみに出さないで、なるべく観客に考えてもらいたいという思いがありました。最後にキャストたちのいろいろな思いが見えてきますが、どうしてそんな行動を取ったのかは、その人の動きを見ていれば80パーセントくらいは推測できると思います。私からはハッキリと答えを出しません。
観客b:主人公たちが着ている制服は衣装ですか?それとも実際に制服として着られているものなのでしょうか。
監督:制作費が限られていたので、この映画に出てくる制服や卒業式は実際にあるものを使用しました。ただ、この学校は風が強い山の中腹にあるので、10年くらい前からこの学校の女子学生たちはスカートをはいていません。スカートだと時々下着が見えてしまいますからね。でも映画では女子学生がスカートをはいていたほうが雰囲気が良いので、スカートにしました。
観客c:(監督へ)キャスティングが大変だったと思うのですが、ワン・ポーチェさんとマオディーさんを配役した決め手は?(ワン・ポーチェとマオディーへ)がんばったシーンは? 監督:キャスティングの時に頭にあったのは、当時自分の身の回りにいた高校時代の仲間たちなので、そんなに難しくありませんでした。
ワン・ポーチェ:この映画の時代背景は10年前で、自分の青春時代とは違ってシンプルなものだったと思います。そのシンプルな時代をどう感じて、どう演じたら良いのかが難しかったです。
マオディー:印象が一番深かったのは、プールのシーンです。肉体をさらすにはそれなりに筋肉もないと格好が悪いので、このシーンのためにトレーニングもしました。でも完成したシーンを見るときれいに撮れていたので良かったです。
司会:他にも何かキャスティングでおもしろいエピソードはありますか?
ゲイリー:監督はキャスティングがそれほど難しくなかったと言いましたが、撮影の一ヶ月前になってもちょっと太めのハン役と同じイメージの男の子が見つからなくて大変でした。たまたま買い物に行った時に騒いでいた高校生たちの中で、特におしゃべりな男の子がいて、この役のイメージにピッタリだと思ったのでスカウトしました。彼だけは芸能界での経験がない素人でしたが、彼を選んで正解でした。

その後、会場ではイエ・ルーフェンプロデューサーの誕生日を祝って花束贈呈のサプライズ。この4年間毎年東京国際映画祭で誕生日を迎えているというイエ・ルーフェンプロデューサーは、会場の観客とスタッフから「ハッピーバースデートゥーユー♪」とバースデーソングをプレゼントされると、笑顔で「毎年この東京国際映画祭で誕生日を迎えられて嬉しい」と話していた。

■『九月の風』(九降風)日本公式ブログ:
http://winds-of-september.cocolog-nifty.com/blog/
■『九月の風』(九降風)スタッフ日記:
http://ameblo.jp/winds-of-september2/

■棒棒堂バンバンタン主演『模范棒棒堂(モーファン・バンバンタン)』1話目・2話目無料で配信中!
アイドル・グループ“棒棒堂バンバンタン”。モンスター番組『模范棒棒堂』(モーファンバンバンタン)がついにVODに登場!
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/drama/dorama_lollipop.php
■『Channel [V] Power Concert 音楽風暴演唱会』伝説のライブが配信開始!
ルイス・クー、バンバンタン、ヘイシャーホイ・メイメイ、アンジェラ・チャンなど、豪華出演アーチストが集結!日本からは松浦亜弥が参加!
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/drama/dorama_channel.php


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ