ヘルプ
エンジェルラバー 〜天使の恋人たち〜
 

F4 JAPAN TOUR 2008ライブレポート

[2008年10月09日(木) / 大村 美智子/ライブ台湾]
華流ニュース F4 JAPAN TOUR 2008ライブレポート
モンスターユニットF4が登場!!
 

“モンスターユニット”の呼び名はダテじゃない。10月7日、日本武道館で行われたF4のライブは最初からフルスロットル!4人そろって歌うおなじみのナンバーからそれぞれのソロまで、ヴィック・チョウ、ヴァネス・ウー、ケン・チュウ、ジェリー・イェンというゴージャスな4人がステージを駆けめぐる。

◇「セーノ。F4デース!」

会場は360度、観客でぎっしり。アリーナ中央に設置されたステージから4方向に伸びるサブステージもあり、どこからでもメンバーを間近に見ることができる。客電が消えた会場全体に4色のペンライトが灯り、巨大ビジョンに映し出されたメンバー紹介で、会場のボルテージは一気に上昇。そのまま一曲目の「Waiting For You」が始まる。

ネイビーブルーを基調にしたコスチュームから一変し、2曲目の「ASK FOR MORE」の途中で衣装替え。ホワイトとゴールド、シャープなシルエットのタキシードで魅せる。「CAN'T HELP FALLING IN LOVE」では4つのサブステージがせり上がり、スタンド席の観客の目の前に4人が現れる仕掛けだ。最初のMCはすべて日本語で、たどたどしいところも含めてファンのハートをつかむ。


表現者としてのこだわりをみせるヴィック

◇個性が光るソロ、ヴィックとヴァネス

表現者としてのヴィックのこだわりは並外れている。その一面を垣間見せたのが、キャバレーを連想させるジャジーなナンバー「モザイク」の時だった。機材トラブルでステージは一時中断。再開後、ヴィックは一度終わったこの楽曲を再演し始めた。苦笑を浮かべながらもダンディズムを貫いた、ヴィックの男気がうかがえる。

自分の持ち歌に尾崎豊の「I Love You」を織り交ぜたナンバーも目を見張るものがある。なめらかな日本語で、情感あふれるバラードを完全に自分のものに。じっと目を閉じしっとりと歌い上げる姿に、会場の歓声もひときわ大きかった。

エンターテイナーとして最も輝いていたのはヴァネスだろう。「Luckey Me」をはじめ、ダンサブルなナンバーでは本領発揮。メロウな「Listen to Your Heart」でも歌で聴かせつつ、ステップをいかした切れのあるパフォーマンスを見せてくれた。

ファッション面でもヴァネスの存在は際立っていた。小物使いが抜群で、ストリート系からトラッドまで、技ありのコーディネートが目を引く。また、ちょっとしたアクションで観客をあおるのも慣れたもの。ヴァネス色を全面に打ち出した演出だった。


飾らなくても華があるジェリー

◇圧倒的な存在感を放つケンとジェリー

一方、数ヶ国語を自在に操るケンはMCだけでなく楽曲も多彩である。アコースティックな「Wake Up」も、熱いロックナンバー「LA LA LA」もとにかくゴキゲンだ。そしてステージで笑顔を絶やさないケンは、見る者すべてに元気を与えてくれる。

「いい人」では「ワタシハイイヒトデス」という癒し系ならではのコメントで会場の笑いを誘う一方、ミュージカル風の楽曲に乗ってタップダンスを披露。難しいパートが終わった後の晴れやかな表情が印象的だった。

ジェリーはといえば、「Memory Pieces」では悪ガキ風のルックスで、着ぐるみの動物たちと一緒に登場し、ステージに呼ばれた幸運なファンと一緒に記念撮影。ライブでのジェリーはどこかぎこちなく、時折照れくさそうな表情を見せる。しかし、飾らなくても華がある。それがジェリーなのだ。

ステージに置かれたピアノでちょっとした演技を見せる「One Meter」では、PVとシンクロさせた演出が心憎い。平井堅の「瞳をとじて」では客席も大合唱。今回のステージで最も印象的だった瞬間のひとつだ。また、「ザ・ホスピタル」の主題歌「You Are My Only Persistence」では白衣姿のヴィックに絡む場面も。

アンコールは「Can't Lose You」と「流星雨」、F4にもファンにとっても思い出深い楽曲だ。再びファンの大合唱が響き渡った会場は最高の雰囲気に包まれ、ステージ中央で4人が円陣を組む様子が胸を打つ。そこにいた誰もが満足したであろう感動的なフィナーレだった。この先、彼らはどんな姿を見せてくれるのだろうか。F4としても、それぞれの活動も、期待とともに見守っていきたい。

台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報


掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2007 Archiweb All Rights Reserved.
archiweb