ホームニュース > 記事

華流エンタメ最前線Vol.39

[2008年09月12日(金) / 島田亜希子/ライブ台湾]
華流ニュース 華流エンタメ最前線Vol.39
「アジア海洋映画祭イン幕張」最優秀賞を受賞した『海角七号』監督&出演者
 

 8月の終わりから始まった新ドラマの開始を受けて、ドラマ視聴率にも新たな動きが出て話題となっている。特に注目と驚きを集めているのが、メガヒットとなっていた『命中注定我愛你』の後を受けて8/24から始まった『無敵珊寶妹』。鳴り物入りで始まった『籃球火』と比べて、放送前もややおとなしめの始まりというか、久々の邱澤(ロイ・チウ)の登場は期待だったものの、正直「どこまで来るか…」と、先が見えない感じのするドラマだったのだが、ふたを開けてみれば、なんと初登場で堂々のトップを獲得!しかも、24日放送分に関しては、最高視聴率が10.57、総合視聴率7.25と、今までのヒットドラマの記録を打破する初回放送高視聴率を取得してしまったのだというから、本当に驚きの連続である。後から始まった楊丞琳(レイニー・ヤン)の『不良笑花』がどこまで食い込んでくるのかが、また気になるところだったのだが、9/7付けの視聴率ランキングでは、1位『無敵珊寶妹』、2位『籃球火』、3位『不良笑花』という結果になっていた。『微笑Pasta』の張棟梁(ニコラス・チャン)の人気で順位を保つのか、それとも各ドラマ、話の展開にあわせてどこかで激しく入れ替わりの時期が訪れるのか、今後の様子にも注目していたいところだ。

 撮影中の新ドラマの情報では、9日付けの情報で、周渝民(ヴィック・チョウ)の『痞子英雄』が8月末の予定では撮影がとうてい終わらず、F4の日本でのライブ期間を待って、10月に撮影が再開されるようになる見込みだとか。完成となるには、まだ少し時間がかかりそうだ。

 音楽のランキングでは、1位に新登場、梁靜茹(フィッシュ・リャン)の新譜『今天情人節新歌+Live CD』が。続く2位には楊宗緯(アスカ・ヤン)のライブ版となっている。同じく新登場で李玖哲(ニッキー・リー)の新譜「不,完美」が5位でランキングしており、気になるところ。9/5には、話題のドラマ『無敵珊寶妹』のサントラも発売となるので、この売り上げもまた音楽チャートに何かしらの影響を与えそうである。

 映画では、先ごろ日本で開催された「アジア海洋映画祭イン幕張」最優秀賞を受賞した『海角七号』が9月に入ってからも人気を見せており、注目を集めている。また、同じ頃から上映が始まった『囧男孩』も伸びがよく、更に日本のNHKが版権を買うという話もあるということで、『海角七号』同様、注目作品としてチェックする映画ファンも多いようだ。9/12からは、林嘉欣(カリーナ・ラム)、王心凌(シンディー・ワン)、許安安(アンアン)など注目の女優陣が揃った『花吃了那女孩』の公開もあり。こちらも話題となりそうだ。

>>映画『海角七号』出演者インタビュー映像はこちら!


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ