ホームニュース > 記事

 映画『レッドクリフ』の来日記者会見

[2008年08月08日(金) /ライブ台湾/島田亜希子]
華流ニュース  映画『レッドクリフ』の来日記者会見
トニー・レオン、ジョン・ウー監督、金城武
 

トニー・レオン

8月6日、都内某所にて映画『レッドクリフ』の来日記者会見が行われた。ハリウッドで活躍するジョン・ウー監督が100億円をかけて作り上げた歴史大作ということで、会場には日本、そして海外からのメディアも含め多くのマスコミ関係者らが集まり、大いに賑わいを見せていた。
ジョン・ウー監督を初め、トニー・レオン(梁朝偉)、金城武、チャン・チェン(張震)、中村獅童、リン・チーリン(林志玲)といった主要キャストが登壇した今回の会見では、まず監督から「本日はこんなに多くの方達が駆けつけてくださって、有難うございました。皆さんの応援と支持があって、私の20年来の夢をかなえることができました。今回、中国大陸や台湾、香港、日本、また、世界各地、韓国、アメリカを含めた素晴らしいステージやスタッフに恵まれて私は素晴らしい作品を仕上げることができました。皆さんの貢献のおかげで、これだけの成功を収めたと思っています。この作品は、三国志の中でも一番有名な話、「赤壁の戦い」に基づいて描かれたものです。これは友情と勇気に関する作品です。また、この作品を通じて平和への願いも託していますので、ぜひ楽しんでいただきたいと思っています。作品の内容の他にも、出演者の名演技もぜひ、楽しんでもらえればと思います」と、多くの会見出席者への感謝の言葉と、作品完成に至るまでの思いが語られた。

特設フォトギャラリーで多きい写真がご覧になれます!!


金城武

その後、登壇したゲストへの個別質問が始まり、世界的にも知名度のある三国志を演じることに関してのプレッシャーについて聞かれたトニーは、「実は全くプレッシャーというものを、感じてはいませんでした。小さい時に三国志を読んだことがありませんでしたので、映画を通してもう一度認識することができたのは、大変嬉しいと思います」と、コメント。次いで最近かねてからのパートナー、カリーナ・ラウ(劉嘉玲)との結婚の話題に触れられると、少し照れくさそうに「一緒にいた時間が長かったですしね。今でもとても楽しくやっています。有難うございます」と笑顔を見せた。
 また、日本でも人気のある諸葛亮孔明をこの作品で演じた金城武は、孔明像を演じる上で注意した点への質問に対して、「孔明は色んな分野で登場します。歴史上であったり、または三国演義の中であったり、そして中国文化では神として祀られている存在でもあるので、色んな面の孔明像を少しでも出せたらいいかな、と思いました。もちろん一番大事なのは、監督が思い描いている孔明像で、それらを全部ミックスして出していきました」と、役作りのポイントを語ってくれた。


リン・チーリン

絶世の美女 小喬を演じた台湾のNo.1モデル リン・チーリンはこの映画が初出演。
監督の憧れの女性だったという彼女はこの日、鮮やかな赤のチャイナドレスで登場。甘い口調の日本語でしっかりと自己紹介をしてくれ、輝くような笑顔を見せてくれた。
 続く記者からの質疑応答の際には、この作品撮影のために監督が自ら資金を出したことについての質問が!これに対して監督は「日本で大ヒットすれば、回収できるはずです(笑)。私はこの作品に対して非常に思い入れがありましたので、仮にどんな困難や挫折にぶつかってでも、必ず乗越えていこうと思っていました。確かに私財を投じましたが、お金のことは気にしていません。この3年間で私が稼げたのは、一日2食のご飯程度(笑)。でも私はそれ以上のもので報いられたと思っています。何と言ってもこれほど素晴らしい出演陣に恵まれたんですから!」と、ここでもまた今回の映画作りに懸けた思いを熱く語ってくれたのだった。

 今回11月に公開される『レッドクリフ』は、実は歴史大作となるこの作品の前編部分であり、ハラハラさせられるままに物語は後半に続くことになっていて、前編を観た観客は、必ずや後編への期待が高まるであろう構成になっている。最後の質問で、記者から後半の見所についてのコメントを求められると、俳優陣は揃って「見て欲しい場面は後半部分」と、さらに期待を高めるメッセージを残して、会見は終了となるのであった。
 ゲスト俳優陣の豪華な顔ぶれ以上に、とにかくこの作品と、そして俳優達への愛と友情の気持ちを熱くしゃべり続けたジョン・ウー監督の印象がなにより強烈に記憶に残った今回の会見。アジア全土を熱狂させたこの作品の素晴らしさと、監督が今なお三国志のヒーローに抱き続ける少年のような熱い憧れの気持ちを、ぜひこの秋に劇場でご確認いただきたいと思う。

映画『レッドクリフ』 11月1日 日劇1他全国超拡大ロードショー!
公式HPはこちら!


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ