ホームニュース > 記事

 華流エンタメ最前線 VOL. 36

[2008年07月25日(金) / 島田亜希子/ライブ台湾]
華流ニュース  華流エンタメ最前線 VOL. 36
ジロー(汪東城)
 

グイ・ルンメイ
ワン・リーホン
 今回はまず、テレビ関係の気になるニュースからピックアップ。今月20日に最終回を迎えたジロー(汪東城)の『翻滾△!蛋炒飯』。最終週の視聴率は、10%の大台にのっている『命中注定我愛★』に続いて第二位という結果で、最後まで『蜂蜜幸運草』との抜きつ抜かれつの状態となったようだ。『蛋炒飯』では、ジローとダンソン・タン(唐禹哲)共にキスシーンがあったのだが、どちらも、撮影現場では二人のイケメンが相当苦労させられて撮影に挑んでいたようだ。まずは、ダンソン・タンの場合。キスシーン撮影の前に、大切な人との別れがあって泣くシーンを撮影していたダンソン・タンは、涙も鼻水もぐちゃぐちゃになるほどの熱演っぷりをほぼ一日繰り返していた為、肝心のキスシーン撮影の時には目が腫れ上がってしまい、ロマンティックというよりは、ちょっと見た目にも痛々しい様子になってしまったとか。
 一方のジローは、海辺、しかも強風が吹き荒れて、砂も海水も入り混じって叩きつけられる最中というバットコンディションでの撮影に挑戦させられていたよう。自身のキスシーンに関しては、「僕の場合、いつも強引さのあるキスシーンを求められるけど、やっぱり恥ずかしいよね」というコメントからも分かるように、実はテレやさんでもあるジロー。キスシーンの前は、猛烈に歯を磨いて、ガムを噛んで…、とクールな見た目と違って、女優さん以上にドキドキ!な気分で、今回の撮影にも挑んだということだ。そんな二人の迷(!)キスシーン、ぜひ日本のファンにも目にする機会が来て欲しいものだ。

 『蛋炒飯』が終了となると、次にはお待ちかねの新作ドラマ『藍球火』が開始となる。宣伝活動に参加しないということで、逆に話題となってしまったジェリー・イェン(言承旭)だが、17日に撮影が終了したテリー・クワン(關穎)との共演作『星心的涙光』の方でも、ちょっとした“不仲説”が勃発したようで…。というのも、この日に行われた打ち上げに、主演の二人が揃って欠席したことがニュースの元で、事務所のコメントでは、ジェリーは新作アルバムの打ち合わせのために出席ができず、テリーの方は体調不良からの欠席ということで、決して二人の関係が悪いというわけではないという。このところ新作ドラマを撮るたびに、なぜかマイナスイメージのニュースばかりが取り上げられてしまうジェリー。しかし共演者やスタッフからの評価は高く、このドラマの監督リン・ハーロン(林合隆)や、母親役を演じたリウ・ルイチー(劉瑞)からは、「周りがウワサをしているような子じゃない」と彼を積極的にフォローするコメントも。
 また、MP3の広告で共演したグイ・ルンメイ(桂綸☆)も「仕事に関してはとてもマジメなんだけど、ちょっとからかってみたくなるような、そんな子供みたいな面を持っている男性」と、こちらも好感を抱いたようだ。確かに、色々とウワサが出ているが、ジェリーのこの半年間の活動を振り返ってみても、新作ドラマ2本に、セブンイレブンとMP3の広告がすでに完了。そしてこれからは、日本での初のF4ライブ6公演に、ドラマ『華麗的挑戦』(早くもキャスティング問題が話題となっているが…)の撮影、さらにアルバム製作と、非常に精力的である。こうした今までの仕事の成果が、流言でなく、彼への正当な評価へとつながることを期待していたい。

 音楽では、バンバンタン(棒棒堂)の姉御、ファンファン(范叙コ)のニューアルバム「Faces Of FanFan」がNO.1でランキング。気になるバンバンタン2軍の結果は、現在、プリンセス組(公主※)が4位、オタク組(宅男塾)が7位という結果になっている。少し先になるが、ワン・リーホン(王力宏)の9月のコンサートに向けた宣伝ポスターの様子などが明らかになったようで、今回は「MUSIC MAN」音楽超人へと変身を遂げた、サイボーグ風の力宏の姿が注目となりそうだ。

△〔ロ巴〕
★〔イ尓〕
☆〔金美〕
※「邦」の下に「巾」の字

■「飛輪海(フェイルンハイ)」のメンバー3人が主演の『KO One〜終極一班〜』3話目まで無料で絶賛配信中!
日本でも大人気! 新世代アイドルグループ「飛輪海(フェイルンハイ)」のメンバー3人が主演を務める台湾オリジナル学園ドラマ
http://bb.goo.ne.jp/special/chinadrama/koone/


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ