ホームニュース > 記事

 華流エンタメ最前線 Vol.35

[2008年07月11日(金) / 島田亜希子/ライブ台湾]
華流ニュース  華流エンタメ最前線 Vol.35
ゲイリー・ツァオ(曹格)

 今月5日に行われた第19回金曲奨。この結果については、ライブ台湾内のニュースサイトでも既にお伝えしたとおりなのだが、早くもこちらの視聴率結果がニュースとして伝えられてきている。今年度の金曲奨の平均視聴率は、3.28%ということで、昨年度の3.27%を維持するような数字となった。このうち、最高視聴率4.01%を打ち出したのは、『最佳國語女歌手奨』<受賞者:ターニャ・チュア(蔡健雅)>の受賞と演奏、ついでは『最佳國語男歌手奨』<受賞者:ゲイリー・ツァオ(曹格)>の受賞並びに演奏となっている。また、アスカ・ヤン(楊宗緯)らの出演の場面も高い視聴率を得たということだ。

 音楽の話題としては前回にも取り上げたバンバンタン(棒棒堂)の新ユニット決定PK戦が、夏休みを目前にしていよいよ開始となる。今回の勝負形式は、各5名ずつで構成された「公主★」と「宅男塾」によるグループ対決で、「公主★」は、現バンバンタンで活躍するプリンス(王子)の弟・マオディー(毛弟)や、アーベン(阿本)らが所属する爽やか美男子系で、「宅男塾」は、TERRYを筆頭に、ちょっとワイルドさが前に出た男らしい面子が揃ったグループになっている。当初、EP版の発売・PKイベントが6月末に予定されていた彼らなのだが、平均年齢21歳というメンバー達の大半は現役の学生であるため、同時期に行われる学校の試験が優先となり、やむなく各種イベント他含めて延期に…。そしてこの程、試験明けの7月11日に待望のPKEP発売、7月13日には西門街でイベントが開催される。今回発売となる新曲「冒險世界」は、同タイトル・同曲・同詩での発売だが、グループごとに曲調などはアレンジされていて、「公主★」はJ-POP調でMVもジャニーズ風、「「宅男塾」はTRANCE(トランス)風というように、それぞれの持ち味が生かされた仕上げになっていて面白い。特設サイトでは既に両者のMVなども視聴できるので、興味のある方は一度チェックしてみては。

今週になって入ってきたのが、チェン・ボーリン(陳柏霖)が星光國際傳媒集團と正式に契約というニュース。俳優業のほかに、今までにもドラマの曲や日本のバラエティ番組の企画で歌うこともしてきたボーリンだが、ここにきて本格的なアーティストとしての活動が始動となりそうな気配を十分に感じさせる話題であった。
 ドラマ部門視聴率に関しては、今回も一位は、「命中注定我愛你」。以下、「蜂蜜幸運草」「翻滾☆!蛋炒飯」という結果になっている。
★「邦」の下に「巾」の字
☆〔ロ巴〕

■ゲイリー・ツァオ(曹格)特集 〜ライブ台湾ミュージック〜
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/cpop/
■棒棒堂バンバンタン主演『模范棒棒堂(モーファン・バンバンタン)』1話目・2話目無料で配信中!
アイドル・グループ“棒棒堂バンバンタン”。モンスター番組『模范棒棒堂』(モーファンバンバンタン)がついにVODに登場!
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/drama/dorama_lollipop.php


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ