ホームニュース > 記事

 ピーター・ホーとクリス・シェンの『PK』発売記念イベント!

[2008年06月26日(木) / 島田亜希子/ライブ台湾]
華流ニュース  ピーター・ホーとクリス・シェンの『PK』発売記念イベント!
 何潤東(ピーター・ホー)&沈建宏(クリス・シェン)『PK』発売記念イベント
 

6月20日、都内某所で何潤東(ピーター・ホー)の『我只在乎▲』と、沈建宏(クリス・シェン)のファーストアルバム『半成年』がセットになった『PK』発売記念イベントが開催された。平日の午前中という時間帯にも関わらず、会場にはお手製の応援グッズや二人に贈るプレゼントなどなど、大好きなピーター&可愛いクリスをお迎えする準備をバッチリと整えた熱心なファンが多数駆けつけていた。そんな皆さんの温か〜い雰囲気に包まれて、お待ちかねのイベントは開始となった。

特設フォトギャラリーはこちらから!!


ピーターの弟分クリス

まず最初に登場となったのは、ピーターの息子改め弟分となったクリス!「みなさんコンニチハ〜!私はクリスです!初めまして。ヨロシクオネガイシマース!」と日本語で元気に挨拶をした後は、アルバム『半成年』から、「半成年告白」を披露。この曲ではHIPHOP風の曲調に合わせて、時折セクシーにパンツをチラ見せする華麗なダンススタイルを見せるなど、ググッと大人っぽく変身した、新たなクリスの魅力を存分に発揮してくれていた。

「僕、汗っかきなんですみません〜!」と言いつつ、ハンカチ王子さながらに汗をぬぐうクリスの笑顔に、思わず「加油(頑張って)!」と声援を贈りたくなるファンも続出!?続いては、ダンサブルな1曲目から一転、スウィートなラブソング「幸福的我們」を。途中、舞台を降りてクリスがファン一人一人握手をして歩くなど、ファンとのふれあいをクリス自身も楽しんでいる様子がとても印象的だった。


熱唱するピーター

今回は彼の『半成年』と、レイニー・ヤンらと共演した話題の映画『刺青』のプロモーションで来日したというクリス。でもそんな宣伝活動のお話以上に、四川大地震の支援活動にピーターと共に積極的に参加している彼は「最近日本でも大きな地震があって、皆さんが安全に過ごしていらっしゃるかどうか、心配にもなりました」と、日本の被災状況への強い関心を示し、「ダイジョウブデスカ?」と会場のファンにも声をかけてくれていた。そして、「今日は日本のファンの為に」と、アルバム収録曲にはない長渕剛の「とんぼ」のカヴァー曲「紅蜻◆」を披露して、「では僕の兄貴、ピーターの登場です!」ともう一人の主役・ピーターを紹介。そんなクリスの呼びかけにちょっと遅れるようにして、兄貴・ピーターは、「没有我▲怎麼★」を歌いつつ会場のファンに手を振りながらの登場。さすが!の余裕を感じさせるキラースマイルと、情感たっぷりに歌い上げるその歌唱力の素晴らしさに、会場内は一気に熱い雰囲気になっていくのだった。

「今日は皆さんとお会いできて、本当に嬉しいです。そして、僕は歌うことが大好きなので、ここで皆さんと一緒に歌えることがとっても嬉しく思っています」そう言って、歌好きが高じて中国のあるホテルで“一番うるさい客”というクレームがついたという失敗談まで披露してくれたピーター。


ファンと握手

「13日の内に11日間くらいはずっとカラオケに行ってしまうというくらいの記録を作ったことがある」というだけに、その歌声は確かにしっかりと聞き応えがあった。「今回来日したのは、皆さんご存知のように、日本のドラマ「上海タイフーン」を撮るためです。今回は1ヶ月間くらい滞在するんですけれども、僕自身スペシャルな経験になると思っています。僕の中では日本に引っ越してきたような気持ちがありますし、そして皆と同じこの「東京」という街に住むことができるので、皆さんとの距離も縮んだんじゃないかな、と思います。なので、もしこれから日本を離れることがあっても、今日のように皆さんと近づいたという感覚を忘れずにしていきたいな、と思っています」そんな嬉しいコメントを聞かせてくれた後には、さらにハートが盛り上がってくるようなノリの良い「Think About You」を歌い上げたピーター。彼自身こういう曲調が大好きだということで、「次のアルバムはこういうロックの曲とか、いろんなジャンルの曲を収めたいと思っています。今まではバラードを歌っているイメージがあるかと思うんですが、違う感じの曲を歌っている僕も知ってもらえれば良いな、と思いますね」と、早くも次回作への展望まで聞かせてくれたのだった。そして彼が現在、仕事以上に大きな関心を寄せている四川への支援活動については、「今回、四川で大きな地震が起こったことは、皆さん既にご存知かと思います。悲しい出来事がたくさんあったのですが、でも皆さんが団結して色んな人の愛情、愛する心を見ることができました。色んな方が、日本からも救助を派遣してくれたことをとても感謝しています。こうやっていつも人を思いやる心、愛する心を持ち続けたいと思います。何かあって、それで行動をおこすのではなく、例えばおばあちゃんが道を歩くのを見たら、手をひいてあげるとか、そういうことならできると思いますよ」という言葉と共に、彼の気持ちがそのまま込められた「我只在乎▲」をしっかりとファンに届けてくれたのだった。


ファンから四川被災者への寄付

二人のミニライブが終了した後は、ファンの代表から、四川大地震のための寄付金とメッセージが寄せられたカードやぬいぐるみが贈られ、ピーターから「こうして皆さんが中国語でメッセージを書いてくださったこと、とても感謝しています。きっと皆さんの気持ちが中国のみんなにも伝わると思います。僕には既にしっかりと伝わってきていて、とても温かい気持ちにさせられていますよ!」といお礼の気持ちが語られた。そして参加者全員集合でピーター&クリスと共に写真撮影!さらにPK‐Tシャツへのサインと握手会へとプログラムは進んでいく。やがて最後のファンの握手が終わり、これで終わりかな?と思いきや、もう一度二人が登場することに!日本のファンへ贈るラストソングとして、クリスは「守護天使」、そしてピーターは「一封信」を歌って、イベントは無事幕を閉じたのだった。
 今回のイベントを通して日本のファンに、ステキな笑顔と歌声だけでなく、“助け合う心の大切さ”という、とても大きなプレゼントを残していってくれたピーター&クリス。ドラマに歌、そして映画にと、二人がこれからも様々な分野で活躍し、たくさんの人を元気づけていってくれることを大いに期待したいと思う。

▲〔イ尓〕
◆〔虫延〕
★〔辛力辛〕

ピーター・ホーとクリス・シェンが所属するドリアン事務所 日本公式サイト
http://www.dorian-japan.com/


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ