ホームニュース > 記事

アジアのスターが集結 映画『闘茶 Tea Fight』が7月12日に公開!

[2008年06月12日(木) /ライブ台湾]
華流ニュース アジアのスターが集結 映画『闘茶 Tea Fight』が7月12日に公開!
映画『闘茶 Tea Fight』
 

「幻の茶」を巡る、「家族愛」と「恋愛」を描いた究極のアジアン・エンタテインメントが7月12日よりシネマライズ、ほか全国順次ロードショー!

映画『闘茶 Tea Fight』予告編の視聴はこちらから!!

味のあるアニメーションも挿入された不思議な映画『闘茶 tea fight』。F4メンバーでアジアで絶大な人気を誇るヴィック・チョウ(周渝民)が傷ついた過去を持つ若きボスを演じ、謎の美女を今最も注目を浴びるチャン・チュンニン(張鈞譟砲好演。

日本側は演技力に定評のある香川照之と、はじける魅力があふれる戸田恵梨子がスクリーンを圧倒し、エリック・チャンがトボけた仙人役で映画に面白みを加えています。

台湾に存在する「幻の茶」と、絶滅したと思われたもうひとつの「幻の茶」を縦軸として、人々の間の愛が横軸にからみ、時間を超えた不思議な物語が展開します。
台湾の美しい茶畑と日本の伝統が持つ重みが見事に融合した映像美と、思わず笑ってしまう数々のシーン。一大エンタテインメント映画の鑑賞後は余韻を味わいながらゆっくりとお茶を飲みたくなるかも・・・。

【ストーリー】

京都の老舗茶屋の男主人・八木は、自分が茶に没頭するあまり、古くから伝わる「茶の呪い」で妻が死んでしまったと思い、茶の世界から身を引き、自堕落な毎日を送っていた。娘・美希子はそんな父に立ち直ってもらう術はないか悩みながら、偶然にもネットで幻の茶「雌黒金茶」の存在を知る。それは“闘茶”(中国で行われていた茶を持ち寄って淹れ方、風味等を競う競技)の末、絶滅していたと思われていた幻の茶だが、美希子は自宅の裏庭になんとその茶木があるのを見つけてしまう。台湾にある「雄黒金茶」に“闘茶”で勝てば父の目を覚ますことができるかもと思った美希子は、父との大喧嘩が引き金となり、勢い余ってひとり台湾へと旅に出てしまう。

しかし、美希子を待っていたのは闇の茶市場を牛耳る若きボス ヤン。彼の目的はただひとつ、美希子の持つ「幻の茶」だった。一方、娘の身を案じ八木も急遽台湾にやってくるが、謎の美女ルーファとの出会いが娘との関係を悪化させてしまう。それぞれに悩みをかかえる四人が古の競技「闘茶」に挑む時、何かが起こる・・・!

【キャスト】
香川照之 戸田恵梨香 ヴィック・チョウ チャン・チュンニン
細田よしひこ ほんこん 藤田陽子 エリック・チャン

【スタッフ】

原案・監督:ワン・イェミン
脚本:山田あかね
アニメーション:スタジオ4℃
主題歌:『あいのわ』SUPER BUTTER DOG
製作:唯敷和彦 前田直典 久松猛朗 陳慧玲
エグゼクティブプロデューサー:春藤忠温 笠井正規 陳金富
プロデューサー:オノコースケ 武部由美子 葉如芬 齋藤英子 川上紀子
音楽:ショーン・レノン 音楽プロデューサー:ZAK
撮影:陳志英 照明:陳冠延+藤川達也 録音:杜篤之 編集:顧暁芸+菊井貴繁
製作:ムービーアイ・エンタテインメント+ピクニック+衛星劇場+Chun Ji Yun Media Co.
企画・製作:ピクニック+ムービーアイ
制作プロダクション:ピクニック+ムービーアイ+Ocean Deep Films
制作協力:経済産業省 J‐Pitch 角川基金
協賛:台湾観光協会、チャイナエアライン
日本映画エンジェル大賞受賞作品
(c) 2008 TEA FIGHT FILM ASSOCIATION
配給:ムービーアイ
2008年/日本+台湾/35?弌織凜?スタ/カラー/ドルビーデジタル/102分

公式ホームページはこちら!
http://www.tea-fight.com/index_pc.html

■華流映画特集ページ
映画祭や来日記者会見等、貴重な映像と写真をお楽しみ下さい!!
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/movie/


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ