ホームニュース > 記事

華流エンタメ最前線 VOL. 26 

[2008年02月22日(金) / 島田亜希子/ライブ台湾]
華流ニュース 華流エンタメ最前線 VOL. 26 
チャン・イーモウ監督の最新作『王妃の紋章』に出演のジェイ・チョウ
 

ジェイ・チョウ
ディラン・クオ
ミンダオ
 注目のジェイ・チョウ来日武道館ライブも無事終了となりましたが、未だ興奮冷めやらず…、という方も多いのではないでしょうか?この後は、4月にジェイの出演するチャン・イーモウ監督の最新作『王妃の紋章』が日本公開、そして夏には現在チャウ・シンチーの『ミラクル7号』に次いでヒットとなっている『カンフーダンク』が日本上陸予定と、スクリーンでジェイの姿を観る機会が増えていくことになりそうです。既にマスコミ向けには試写などが開始されている『王妃の紋章』ですが、その豪華さと衝撃のクライマックスには度肝を抜かれること間違いなし!ジェイの役どころは、父・母を敬う誠実な息子・第二王子役で、母である王妃を必死に護ろうとする姿は、母親想いで知られるジェイのイメージにピッタリ。コン・リー、チョウ・ユンファ(今回のライブでのゲストビデオで見せたオチャメなお姿からは想像できぬ、鬼父王役!)といったベテラン勢に劣らぬ存在感を見せる俳優としてのジェイ・チョウの魅力を、ぜひこの作品で楽しんでみて下さい。

 さて、ここで気になる現地のテレビ情報などをチェック。ドラマ視聴率では、台湾でも2月より放送開始となった『君へつづく道(原題:這裡發現愛)』がランクイン。と言っても、順位的にはその前に放送されていた『美味関係〜おいしい関係〜』の位置にこのドラマが入ってきたという感じ。今期、ヴィック・チョウ作品はちょっと苦戦気味となるのかも…? 現在撮影中のドラマの話題では、先日もディラン・クオのニュースとしてお伝えした『敲敲愛上妳』をピックアップ。このドラマでディランと共演するミンダオは、先日高級車に乗っての撮影に挑戦。このドラマでは若手実業家に扮するというミンダオ。日頃乗りなれない高級車の運転には「ぶつけたらどうしよう〜!」と、かなり緊張していたとか。今回は珍しくプレイボーイ役(でも、ちょっと複雑な一面もチラリ、というキャラクターらしい)を演じるということなので、今までとは違ったミンダオの一面を見ることができそうな期待大。仕上がりが楽しみな一本となりそうです。ミンダオといえば、こうした撮影ニュースと同時に183clubの活動のほうでも新ニュースが。現在2名欠員となっている183clubですが、ここに新たに中国でメンバーを探して新加入をさせる計画があるのだとか。ある意味、そしてこの時期だけに、グローバルさが加わって新鮮なのかもしれませんが、さて従来の183clubファンの皆さんの感想は…?今後の動きに注目したいところです。

 バラエティ系としては、「超級星光大道」の第3シーズンがスタート。今回は台湾だけでなく、シンガポール、ロス、そして日本でのオーディションを開催。日本では3月8日に渋谷「ヨシモト無限大ホール」にて実施予定。なお、当日参加者に与えられる表現時間は30秒のみ。我こそは!と思われた方は、この機会に挑戦してみては!?さて星光幇(シングアンバン)といえば、今回のチャートもアスカ・ヤンがトップの座に。ちょっとコワモテなアスカ・ヤン、そんな彼がキラキラ・ポップなアイドル陣を見事抑えてしまうとは。どうしてそんなに強いのか?実際にCDをチェックしてみましたが、なるほど、彼の歌の上手さと、聴かせる系のしっかりとしたサウンド面の良さが、確かに買って何度も聴きたいと思わせる充実の仕上がりに。これなら世代の幅も広くカバー可能となることでしょう。納得の一枚、オススメです。C-POP好きな方はぜひお試しを。

■オススメ華流VOD
http://www.livetaiwan.jp/biglobe/entertainment/
■オススメ華流映画
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/movie/
■オススメC-POP
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/cpop/
■500曲のC-POP着うたをダウンロードできる携帯サイト『ライブ台湾モバイル』詳しくはコチラ
http://www.livetaiwan.jp/special/mobile/index.php


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ