ホームニュース > 記事

映画『Sweet Rain 死神の精度』試写会を25組50名様にプレゼント!

[2008年02月21日(木) /ライブ台湾]
華流ニュース 映画『Sweet Rain 死神の精度』試写会を25組50名様にプレゼント!
 映画『Sweet Rain 死神の精度』試写会を25組50名様にプレゼント!
 

映画『Sweet Rain 死神の精度』試写会を25組50名様にプレゼント!

2008年3月22日(土)から丸の内プラゼール他全国ロードショーの金城武主演の映画『Sweet Rain 死神の精度』の試写会を25組50名様にプレゼント!劇場公開まで待ちきれないという皆様のお早目のご応募をお待ちいたしております。(締め切り3月7日)

日時 3月19日(水) 開場:18時00分 開映:18時30分
会場 ヤクルトホール
ご招待 25組50名様

<内容>
 “死神”といえば、人の命を奪う、恐ろしい存在を思い浮かべるかもしれない。だが、怖くない死神、カッコいい死神がここにいる。“ミュージック”をこよなく愛し、人類最高の発明品と呼ぶ死神・千葉(金城武)である。人間の人生や死に何の興味もないが、死神としての仕事はそれなりに真面目にこなしている。その仕事とは、ターゲットにとり憑き死をもたらすこと……ではなく、7日間観察し“実行=死”か“見送り=生かす”か決めること(ただし、ほとんどの場合、“実行”なのだが)。今回のターゲット・藤木一恵(小西真奈美)は、愛する者が次々と死んでいく薄幸な女性。いつものように“実行”にするはずだった。だが彼女の、ある一つの才能が、千葉の心を動かし、やがて人間に対する見方も変えていく……。

 一風変わった死神が、一人の女性と出会い、人間の感情を理解し、人生を知っていく姿を描く『Sweet Rain 死神の精度』。物語は、1985年、2007年、2028年の3つの時代を舞台に展開し、それぞれの登場人物が意外な形で繋がっていく。7日間、判定対象の傍にいて、ときには友達のように話を聞いたりもする、一風変わった死神を、本作が6年ぶりの日本映画出演となる国際俳優の金城武が、チャーミングに、そしてユーモラスに演じている。



キャスト 金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満
原作 伊坂幸太郎「死神の精度」(文藝春秋 刊)
監督 筧昌也
脚本 筧昌也・小林弘利
音楽 ゲイリー芦屋


映画『Sweet Rain 死神の精度』オフィシャルサイト
http://www.shinigaminoseido.jp
ワーナー・ブラザース映画オフィシャルサイト
http://www.warnerbros.jp

■オススメ華流映画
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/movie/


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ