ホームニュース > 記事

 今年注目の華流スター:胡宇崴(フー・ユーウェイ)

[2008年02月12日(火) / ライブ台湾]
華流ニュース  今年注目の華流スター:胡宇崴(フー・ユーウェイ)
 胡宇崴(フー・ユーウェイ)
 

飛輪海(フェイルンハイ)の呉尊(ウーズン)主演の人気ドラマ『ろまんす五段活用〜公主小妹〜』に出演し、注目を集めた胡宇崴(フー・ユーウェイ)。これまでにも中国のテレビ局との合作ドラマ『屋頂上的緑石』(06年)や『武十郎』(07年)に出演、この2作品で台湾のイケメン俳優、霍建華(ウォレス・フォ)と共演している。台湾のドラマにおいては、先にあげた『ろまんす五段活用〜公主小妹〜』の前に、『終極一家』などの旬な作品に出演しており、現在は言承旭(ジェリー・イェン)、羅志祥(ショウ・ルオ)、呉尊(ウーズン)といった豪華キャストで超話題の『籃球火』にも出演。知名度・人気ともに上昇中の若手俳優として注目を集めている。

『ろまんす五段活用〜公主小妹〜』(c)2007 GTV原作:藤田和子著「ろまんす五段活用」小学館刊
 N.Y出身で、大学ではグラフィックデザインを専攻していたというフー・ユーウェイ。その優しそうな顔立ちから、王力宏(ワン・リーホン)と似ているとも評されるが、その見た目とはうらはらに、幼い頃から中国武術を習い、数々の大会に出場。18回以上も表彰されている‘マーシャルアーツ王子’なのである。こうした面が演技にも大いに役立っているようで、ドラマ『武十郎』やウーズンと再々度共演となるドラマ『阿鼻剣』では、アクションを披露する機会を得ている。

また近く、金庸の武狭ドラマ『書剣恩仇録』の撮影も予定されているフー・ユーウェイ。いくつかのドラマ撮影を掛け持つ多忙な日々の中でも、武術のトレーニングは欠かさないという彼には、中国・香港の俳優にも通ずる本格派アクション俳優的要素を強く感じさせられるだけでなく、他の台湾俳優にはない才能がどんどん発揮されていきそうな予感。今後の成長がとても楽しみである。

地元台湾だけでなく、中国でもプロモーションなどで訪れた際は、熱狂的なファンに囲まれてしまうという彼の人気は、日本にもそろそろ飛び火してくる可能性大。ぜひ早めのチェックをお忘れなく!


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ