ホームニュース > 記事

『模范棒棒堂バンバンタン』1/25配信開始!見所解説 Vol.3 〜棒棒堂デビューの軌跡〜

[2008年01月24日(木) /ライブ台湾]
華流ニュース 『模范棒棒堂バンバンタン』1/25配信開始!見所解説 Vol.3 〜棒棒堂デビューの軌跡〜
 『模范棒棒堂バンバンタン』第6話では、プリンス(王子)がチアガールに挑戦!
 

22日(火)より始まった見所解説 第3弾です。8話分の解説は本日で終わりとなります。そして明日からいよいよ『模范棒棒堂バンバンタン』第1話〜第8話が配信開始です。
どうかお見逃しなく!

本日の見所解説:第6話<第2回 “淘汰賽(タオタイサイ)”その(1)>
        第7話<第2回 “淘汰賽(タオタイサイ)”その(2)>
        第8話<第2回 “淘汰賽(タオタイサイ)”その(3)>


第6話<第2回 “淘汰賽(タオタイサイ)”その(1)>
 またもやってきた“淘汰賽(タオタイサイ)”。前回の教訓を生かし、練習に練習を重ね、技を磨きあげてきたメンバーたち。1分のパフォーマンスにかける少年たちの成長ぶりに注目です! 前回同様の採点方式で危険ゾーンに入ったのは、ドードー(多多)、マオディー(毛弟)、ミエンシエン(麺線)、シャオヘイレン(小黒人)の4人。
そして当日のパフォーマンスの採点結果を加え、今回脱落するのは2人。厳しい審査員の助言を誰が上手に生かしているのか・・・それをぜひ確かめてみてください。

第6話のパフォーマンス:ファビエン、シャオビン、Hiro、ウェイユー(鮪魚)、チウシュアイ(邱帥)、
プリンスとマオディー(毛弟)、アーベン(阿本)

今回、プリンスはチアガールに挑戦。成功だったのかどうか!?

※台湾では第33話の放送分です。

第7話<第2回 “淘汰賽(タオタイサイ)”その(2)>
 第6話から始まった“淘汰賽(タオタイサイ)”。第7話ではアオ・チュエンの驚異のマイケル・ジャクソンが、そしてワイルドさが持ち味のテリーがなんとバレーダンスに挑戦!
アオ・チュエンと高得点を争ったシャオマー(小馬)のスケートボートで火を飛び越える技もここで披露。さらに、
審査員たちを抱腹絶倒させ、後々まで語り継がれるシャオフー(小賦)の“ツンツンボクササイズ”も必見。第7話は第2回“淘汰賽(タオタイサイ)”の中で一番充実したパフォーマンス内容です。

第7話のパフォーマンス:グアグア(呱呱)、アオ・チュエン、テリー、シャオフー(小賦)、シャオマー(小馬)、ドードー(多多)、シャオヘイレン(小黒人)、ミエンシエン(麺線)

※台湾では第34話の放送分です。

第8話<第2回 “淘汰賽(タオタイサイ)”その(3)>
 ついに第2回“淘汰賽(タオタイサイ)”の最終選考日。ブライアンの変わらず上手なRocking Danceが披露された後、審査員たちが長時間の協議に入り結果が発表されます。そして当日のパフォーマンスが悪く、一気に危険ゾーン入りしたのが、シャオフー(小賦)とHiro。二人の名前が呼ばれると、メンバーたちは次々に涙をこぼします・・・。シャオフー(小賦)は今やすっかりメンバーたちのお兄さん的存在で、Hiroはその天然キャラぶりで皆の
弟的存在になっていたのです。
そして、ファンファンに名前を呼ばれスタジオを去ったのは・・・。
厳しくも悲しい現実にメンバーは呆然。審査員の「個人的には大好きな子だった。けれど、これは遊びじゃない。
自分はプロとして、彼を落とさざるを得なかった。」という言葉は皆の心に重くのしかかったのではないだろうか。

※台湾では第35話の放送分です。

>> 『模范棒棒堂(モーファン・バンバンタン)』の視聴はこちらから!(1話目・2話目無料!)


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ