ホームニュース > 記事

ウォレス・フォ ゴシップネタはお断り!

[2008年01月06日(日) / 聨合報/趙大智]

 昨日「武十郎」のファン集会に姿を現したウォレス・フォ(霍建華)とフー・ユーウェイ(胡宇★)。会場では二人に
リンボーダンスをしてもらおうと道具がセッティングされていたが、ウォレスはこれを断固拒否。結局、フー・ユーウェイ一人がチャレンジすることとなったが、ウォレスはメディアにゴシップを書かせるようなネタは絶対に提供したくないと語っていた。

 過去に交際した女性から、「あなたとの会話って、仕事の話みたい」と非難されたこともあるが、自分は決してツマラナイ男ではないと言い張るウォレス。中国での仕事に専念し4年近くになり、「武十郎」のPRのために久々に台湾に戻ってきたにも関わらず台湾のメディアとは距離を保とうとし、プライベートに関する質問は一切NGだった。

 ドラマ「イルカ湾の恋人」でブレークした彼は、一年後すべてのキャリアをすてて中国へわたった。その理由については口を閉ざしてきた彼だが、昨日ようやく説明をしてくれた。「3つのドラマを掛け持ちして撮影を行ったが、内容はどれも似たりよったり。永遠にこれが続くのかと思ったら、ゾッとした。これでは進歩できないと感じたんだ」
 そこで台湾を離れ中国に向かい、多くの俳優との共演を果たし、今は映画出演に意欲を燃やしている。 仕事に真面目に向き合う彼にしてみれば、ゴシップしか取り上げない台湾のメディアには残念な思いしかないそうだ。

 幼い頃に両親が離婚したことで、他人とはすぐに打ち解けない性格となったウォレスは、高校に進むと学校はサボりがちになり、教師からは“不良”の烙印を押されていた。しかし、俳優として有名になった今の彼に、学校から“偉大なる生徒”の称号を贈られると知らされた時は、涙が出るほど笑ってしまったそうだ。

★「山」の下に、「威」の字

(c)udn.com & ライブ台湾

■ウォレス・フォー出演の『イルカ湾の恋人』1話目無料で絶賛配信中!
『ラベンダー』のアンブロウズ・シュー主演第2作目の超人気ドラマを日本初配信!
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/dorama_dolphin.html


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ