ホームニュース > 記事

 来年注目の華流スター(6) 棒棒堂(バンバンタン)(「ライブ台湾」2周年 プレ企画)

[2007年12月13日(木) / 島田亜希子/ライブ台湾]
華流ニュース  来年注目の華流スター(6) 棒棒堂(バンバンタン)(「ライブ台湾」2周年 プレ企画)
 棒棒堂(バンバンタン)
 

「棒棒堂バンバンタン」
お祝いメッセージ
2008年、ライブ台湾は、「棒棒堂 バンバンタン」を応援していきます!
「棒棒堂バンバンタン」とは、台湾STAR-TVの”超”人気番組 『模范棒棒堂バンバンタン』で、約2300人から選ばれた台湾のイケメン・ボーイズ候補約20名の中から、数々の”淘汰賽”を勝ち抜いて来た6人で構成されるスーパー・アイドル・ユニットです。ライブ台湾では、2周年を記念して、『棒棒堂バンバンタンSpecial』ページを用意しました。 「棒棒堂バンバンタン」からのお祝いメッセージや『模范棒棒堂バンバンタン』からの特別映像、ライブ台湾オリジナル取材による映像まで、棒棒堂バンバンタンのコンテンツ盛りだくさんのページとなっています。


棒棒堂(Lollipop・バンバンタン)は、人気バラエティ番組『我愛黒澀會(ウォ・アイ・ヘイ・シャー・ホイ)』のガールズグループ「黒澀會美眉(ヘイ・シャー・ホイ・メイ・メイ)」に続いて、同じくChannel〔V〕の番組『模范棒棒堂(モー・ファン・バン・バン・タン)』から生まれた王子(プリンス)、阿緯(ア・ウェイ)、小(ファビエン)、小傑(ブライアン)、敖犬(アオ・チュエン)、威廉(ウィリアム)の6人で結成されたボーイズグループだ。この6人は、台南、台中、台北など、台湾各地で行われたオーディションを経て、何千人もの参加者の中から番組内のオーディションへの出演権を見事獲得。さらに、その番組内で実施される厳しい “淘汰賽”と呼ばれるオーディションも最終的にクリアし、今回のデビュー権を得た“スーパー男子”達なのである。ちみにこのグループのリーダーは、最年長で、番組内の評価順位でも上位を常にキープするアオ・チュエンである。
 07年1月にシングル「七彩棒棒堂(チー・ツァイ・バン・バン・タン)」を発売して歌手デビューした棒棒堂(バンバンタン)は、新しいタイプのアイドルグループとして、一気に人気を集める。5月には沖縄でロケも行った写真集(DVD付き)「初體験FIRST EXPERIENCE(チュー・ティー・イェン)」も発売となり、話題となった。そしてこの夏には初ドラマ出演も果たし、共演者である「黒澀會美眉(ヘイ・シャー・ホイ・メイ・メイ)」らと共に西門町でファンミーティングを開催して大盛況となる。地元台湾では棒棒堂(バンバンタン)メンバー達のちょっとツンツンした髪型が男の子の間でちょっとした流行になったり、アイドル誌の表紙をいくつも飾ったり、彼らの出演する清涼飲料水の広告が流れたりと、どこにいても棒棒堂(バンバンタン)を意識しないでいることは難しいというくらいに、今や台湾の若者文化を語る上では、なくてはならない存在となりつつあるとか。

 今年9月にプロモーションを行った香港においては、日本でも注目を集めている先輩アイドルグループ飛輪海(フェイルンハイ)を上回る勢いで人気急上昇中ということで、アジア各地のマスコミからも、今後の活躍を期待されている。12月にはサードシングルも発売、現在は新番組「LOLLIPOP暑]裡怕(ナー・リー・パー)」で初司会に挑戦中の棒棒堂(バンバンタン)。この番組では司会以外に、実際に彼らが学校に訪れて学生達と交流したり、時にはその両親とも意見を交換したりするという、いわば台湾版「学校へ行こう!」のような演出に挑戦をしている。バラエティ畑出身で、バイタリティ溢れる棒棒堂(バンバンタン)だけに、演技以上にこうした体当たり企画モノのほうが、彼らの面白いキャラクターがばっちりと楽しめるはず。写真で見るより、動いて、踊って、はじける姿を観てこそ、その価値がわかる棒棒堂(バンバンタン)達。日本以上にアイドル文化がより深く浸透している台湾においては、ルックスだけでなく、彼らのように個性的な得意技で勝負ができる新世代アイドルの出現を受け入れる時代が、遂にやってきたのかもしれない。

 現在台湾で放送中の『模范棒棒堂(モー・ファン・バン・バン・タン)』では、彼らを含め現在20名以上の男の子たちが出演中で、人気を競っている。その中にはドラマ『18禁不禁(ジン・ブー・ジン)』に出演した阿本(アーベン)や、注目株のTERRY(テリー)、李銓(リー・チュエン)、小馬(シャオマー)など、まだまだ要チェックしたいイケメン君たちがてんこ盛り!ぜひ、来年度ライブ台湾で配信予定となっている『模范棒棒堂(モー・ファン・バン・バン・タン』で、彼らが活躍する様子を観て、棒棒堂(バンバンタン)メンバーの持つ色とりどりの魅力を楽しんでいただきたいと思う。


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ