ホームニュース > 記事

華流エンタメ最前線 VOL.21

[2007年12月07日(金) / 島田亜希子/ライブ台湾]
華流ニュース 華流エンタメ最前線 VOL.21
 飛輪海(フェイルンハイ)
 

賀軍翔(マイク・ハー)
金城武
李安(アン・リー)監督
先日の初来日イベントでは、歌って踊って、さらにはMCで大いに笑わせて…、と大活躍を見せてくれた飛輪海(フェイルンハイ)。その勢いは地元台湾でももちろん健在で、呉尊(ウーズン)主演のドラマ『公主小妹』は、先週もアイドルドラマ枠でNO.1の位置をキープ。それを、賀軍翔(マイク・ハー)&Hebe(ヒビ)の『鬥牛、要不要』、周渝民(ヴィック・チョウ)の『美味関係〜おいしい関係〜』が追うという結果に終わっている。

このアイドル枠の中に、今月15日に公視より、また新たなドラマが参戦するということで、話題になっている。その新作ドラマ『我在墾丁*天氣晴』は、映画『6號出口』の彭于晏(エディ・ポン)と阮經天(イーサン・ルアン)が再び共演となっている注目作。現在、初映画監督作『情非得已之生存之道』で金馬奨にもノミネート、『求婚事務所』などの人気ドラマを手がける鈕承澤(ニウ・チェンザ)が、総導演と出演の両方をこなしている。

更に気になる女性共演者のラインナップはというと、アイドルドラマの女王、李康宜(リー・カンイ)、そして『ザ・ホスピタル』でのクールな演技と美しさが印象的だった張鈞譟淵船礇鵝Ε船絅鵐縫鵝砲覆鼻⊆体惑氷覯撻ャストの共演が楽しめる作品となっている。今回は初のサーファー役、しかも地元っ子という設定上、サーフィンだけでなく台湾語もしっかり練習したというエディ。いままでとはまた違った彼の魅力が発見できること間違いなしのドラマとなりそうだ。
下旬のエンタメ情報でも、こちらの視聴率の動きなどを引き続きご紹介していきたいと思う。

音楽ランキングの方は、羅志祥(ショウ・ルオ)の「舞所不在」がトップに。11月の台北でのライブも大成功を収め、アーティストとして充実しているだけでなく、超注目のドラマ『籃球火』にも出演決定など、各方面で大活躍をみせているショウ。来年あたり日本でもその元気な姿を見せてくれることを、ぜひ期待したいところだ。

映画関係は、やはりもう間もなくとなる金馬奨の結果が気になるところ。こちらはライブ台湾内でも特集が組まれる予定なので、ぜひお楽しみに!一般公開作では、今月末に公開予定となっている劉華(アンディ・ラウ)、金城武、李連杰(ジェット・リー)の共演作『投名状』に期待がかかる。李安(アン・リー)監督の『ラスト、コーション』以上のヒットとなるか!?今後の年末年始にかけての動きに、注目しておこう。

■オススメ華流ドラマ
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/
■オススメ華流映画
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/movie/
■オススメC-POP
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/cpop/


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ