ホームニュース > 記事

 飛輪海(フェイルンハイ) ライブ・レポート

[2007年11月29日(木) / 島田亜希子/ライブ台湾]
華流ニュース  飛輪海(フェイルンハイ) ライブ・レポート
フェイルンハイ(飛輪海)
 

 11月24日、六本木ヒルズアリーナにて、飛輪海日本デビューイベントが開催された。午前中に会場告知の連絡が発信され、開演迫る午後のイベント会場には、当初の予定を上回る約2500名の飛輪海ファンが集まっていた。クールなデザインの“飛輪海”の文字が掲げられたステージを前に、彼らの登場を今か今かと待ちわびるファンの熱気は、どんどん高まっていく。そんな中、いよいよ飛輪海の4人が登場。『僕らのシーズン』がはじまると、客席のファンからひときわ大きな歓声があがった。ここはもしや西門街!?現地のファンにも勝るほどの勢いで、会場内は飛輪海の動きに合わせて波のような声援が上がるのだった。「皆サン、コンニチハー!」歌い終わって、そうメンバー達が声をかけると、観客席からも大きな声で「コンニチハー!」と、言葉が返る。ステージの上に立つと、4人は本当に生き生きとしていて、午前中の会見でちょっと緊張気味な様子さえ見せていたのとは、まるで別人のよう。「日本のたくさんのファンがいて嬉しい!」(ジロー)と、彼ら自身もこのイベントをすっかり楽しむ気分でいるようだった。今回のイベントでは『夏雲』『君にだけ』『君に夢中』と4曲も披露してくれた飛輪海。これに加えて、なんと予定外に日本語で『僕らのシーズン』を歌うという場面も!アーロンが調子よく歌い出したのを、次いでケルビンが。あとの二人はどうするのか、と思っていたら、どうやら日本語の歌詞を忘れちゃったようで…。すると、突然ジローが客席に下りて、ファンから歌詞カードを借り、観客席は大騒ぎに。借りたカードは返さなきゃ、ということで、カードのおかげで日本語の歌詞を歌い終えたウーズンが、今度はステージから下りてきっちりファンに返却、一件落着となったのだった。

 イベントの後半では、ステージ上で飛輪海がマスコミから取材を受ける模様をファンらに公開。色々な質問にしっかり答える彼らの様子を静かに見守るファンの姿に、とても強い彼らへの愛情を感じた。写真好きだというメンバーの念願叶って、撮影タイムにはファンをバックに元気いっぱいの笑顔を見せていた飛輪海の4人。これで当分彼らとも会えなくなるんだなぁ…、とちょっぴり淋しく思っていると、最後にとっても嬉しいニュースをファンらに向けて告知!なんと来年の2月24日に、今度は握手会で、それも発売中の写真集「飛輪海 Fahrenheit First」・CD「飛輪海〜日本限定盤〜」、そして12/5発売のウーズン主演のドラマDVD『東京ジュリエット〜東方茱麗葉〜』を購入して参加資格を得たファン全員との握手会という、最高のプレゼントを持って、また彼らが日本に来てくれることが明らかになり、会場からはまたまた大きな歓声が上がるのだった。

 今回のイベントで、たくさんの素敵な笑顔と、爽やかな歌声を日本のファンに届けてくれた飛輪海のメンバー達。しばしの別れは辛いけど、来年またあの仲良し4人組の元気な姿を日本で見られることを、今から大いに楽しみにしておこう!

■飛輪海オフィシャルHP:http://FRHj.TV

■フェイルンハイ・イベント 特設フォトギャラリーはこちらから!
http://www.livetaiwan.jp/special/fei200711event/

■フェイルンハイ・イベント オフィシャル写真・フォトギャラリーはこちらから!
http://www.livetaiwan.jp/special/fei200711official/

■「飛輪海」のファースト写真集『飛輪海 Fahrenheit First』のご購入はこちらから!
http://livetaiwan-shop.jp/SHOP/BOOK-Fahrenheit.html
■飛輪海(フェイルンハイ)トークバラエティ番組『娯楽百分百〜娯楽100%〜』が絶賛配信中!
飛輪海(フェイルンハイ)をゲストにドキドキ度100%のトークバラエティー
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/dorama_goraku100.html


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ