ホームニュース > 記事

ジェリー・イェン主演の台湾ドラマ『ザ・ホスピタル』の記者会見!

[2007年09月11日(火) / 島田亜希子/ライブ台湾]
華流ニュース ジェリー・イェン主演の台湾ドラマ『ザ・ホスピタル』の記者会見!
 
 

 9月7日、NHKにてジェリー・イェン主演の台湾ドラマ『ザ・ホスピタル』の記者会見が行われた。今回来日をしたのは、ツァイ(蔡岳勳)監督と主演のジェリー・イェン(言承旭)、そして台湾を代表する俳優のレオン・ダイ(載立忍)と女優のチャン・チュンニン(張鈞譟砲4名。日本でも華流ドラマファンの間で大いに注目を集めてきた本作品だけあって、会場には多くのマスコミ関係者が集まり、各方面からこのドラマに強い関心が集まっていることを改めて感じさせられた。最初は少し緊張気味のようにも見えたジェリーも、トークが進むにつれて徐々にリラックスした表情に。時折冗談なども交えつつ、撮影中の出来事やとっておきのエピソードなどを、たっぷりと披露してくれた。

―ドラマ『ザ・ホスピタル』の魅力とは?
監督:非常にリアリティというのを感じることができるのではないでしょうか。役者も演技が素晴らしくて、ある意味では非常に完成度が高いドラマを作りました。そういう風に思います。

―医師という役に挑戦するにあたって、どんな努力や苦労をされましたか?
ジェリー:医者という職業は、非常に大変な職業だな、と実感しました。本当の病院で撮影したので、周りに色んな出来事があって、実際に死に別れるといった場面に遭遇し、特別な経験をしました。それを経験してからますます医者という職業が偉大な職業だな、と思うようになりました。

―グァン・シン(チャン・チュンニン)はスー・イーホアを拒むシーンが多い役ですよね。ハンサムなジェリー・イェンさんを拒むというのは、ご苦労がありませんでしたか?
チャン:彼のようなハンサムな医者を拒むというのは、大変難しいことでした(笑)。

―レオン・ダイさんは、監督からの出演依頼を1年以上拒み続けて、出演を決意されたんですよね?
レオン:実は『ザ・ホスピタル』を撮影する期間中に、私自身がある映画を監督することになっていて、それでこの期間は、監督のお誘いを断ってきたわけです。

―でも、お受けになった。それは役が魅力的だったからですか?
レオン:自分の映画を作るのに資金不足で、それで引き受けました(笑)。

―レオンさんにどうしても出てもらいたいと思われたのは?
監督:彼はホントの金欠でしたから(笑)。レオンさんの役は、このドラマの中では重要な役だと思います。そこで僕としてはぜひ実力派で、安定した演技をみせてくれる役者にお願いしたい、と。実はレオンさんに出演していただくことは、ジェリーの願望でもありました。ジェリーに役をお願いした時にも、同じような時間をかけて頼みました。
ジェリー:僕も金欠でしたから、引き受けました(笑)。

―このドラマ撮影を通して、俳優ジェリー・イェンの魅力はどこにあると感じましたか?
監督:やはりリアルな演技ではないかと思います。ジェリーの役は、ドラマの中で非常に重要で、ジェリーはいつもリアルな演技をみせてくれる。その演技によって、人々の心が感動するわけなので、とてもこの部分が魅力的だと思います。

―リアルな演技ということは、共通点も多いということですか?
ジェリー:(日本語で)ハイ、アリイマス。僕自身は、レオンさんみたいに素晴らしい演技を披露する役者ではないのですが、できるだけ演技の中に何かリアルなものを出したいな、と。そこで、自分自身と似ている部分を出したいと思いました。僕には、非常に子供っぽい、天真爛漫な部分があって、こういった部分を演じるときに取り入れました。

―共演者との印象的なエピソードなどがあれば。
チャン:仕事をする時、ONの時の現場では、皆さん非常にシリアスにマジメに一生懸命取り組んでいますが、オフの時には実はとても楽しい現場でもありました。ある時、非常に寒い時に高い山で重要なシーンを撮影することになりました。その時のシーンはシリアスでどこか悲しいものだったのですが、現場では、ジェリーか監督か忘れたんですけど、どちらかが、粟酒とウィスキーをスタッフの皆さんに配らせて、みんなで楽しく飲んでいたと、そういう撮影現場でもありました。

ジェリー:僕も面白いエピソードを思い出しました。確かドラマ後半の撮影の時で、お酒を飲まなければならないというシーンだったんですけれど、ほんとにたくさんお酒を飲んだんですね。それで、撮影が終わったあとに、みんなで麺のお店に行ったんですけど、その麺屋の前についたらもう気持ち悪くて、つい吐いてしまいました(笑)。

―最後にまとめとして、監督とジェリー・イェンさんから、皆さんを代表して、このドラマをこれから楽しくご覧になる方々に一言お願いします。
監督:我々が力をあわせて、新しいドラマを作りました。このドラマが間もなく、NHK BS2でオンエアーされます。ぜひ皆さんでご覧になって、気に入ってもらえたら嬉しいと思います。応援お願いします。

ジェリー:皆さんがドラマをご覧になって、僕達が演じた役と一緒に泣いたり笑ったり、楽しんでいただければいいと思います。僕自身も出演することによって、色んなことを学びました。例えば周りの家族、好きな人、友達を大事にするということ、困ったことや辛いことがあっても、とにかく前向きに立ち向かっていこうと考えました。ぜひ皆さんもドラマを観て、同じような気持ちになってもらえればと思います!

ドラマ『ザ・ホスピタル』の放送は、NHK BS2にて10月4日(木)夜11時より、いよいよスタート。ぜひお見逃しなく!

■特設フォトギャラリーはこちらから!
http://www.livetaiwan.jp/news/newsc/hospital.php


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ