ホームニュース > 記事

マイク・ハー、初の来日ファンミで意外な素顔を大公開

[2007年05月22日(火) /稲見公仁子/ライブ台湾]
華流ニュース マイク・ハー、初の来日ファンミで意外な素顔を大公開
『EXPRESS BOY - 悪男宅急電 - 』出演のマイク・ハー
 

 初来日から待つこと1年7ヶ月。マイク・ハーが、ついに2度めの公式来日を果たし、初のファンミーティングを開いた。前回の来日は『EXPRESS BOY - 悪男宅急電 - 』のMXTVでの放映開始時だったが、その後、『EXPRESS BOY』はCS放映やオンデマンド配信も始まり、DVDも発売され、また『悪魔で候〜悪魔在身辺〜』も放映され、マイクの日本での人気も大幅アップ。今回のファンミーティングには、500名の入場者に対し2000通の応募が殺到するという人気ぶりだ。
「みなさん、こんにちわ。おひさしぶりです。ぼくは、皆さんにとても会いたかったです。皆さんに会えて……ハイヨハイヨ……本当にうれしいです」

 ファンミーティングは、マイク自身の、習いたての日本語の挨拶から始まった。とても緊張していたらしく、途中で中国語がチラリと出たが、それはご愛嬌。緊張しながらも一生懸命日本語を話そうとする姿がいじらしい。挨拶に続いて出てきた日本語は、親指を立てるジェスチャー付きで「日本料理、まいう〜です。」意表を突く一言に、場内爆笑の渦に。

 この後の前半のトークは、『EXPRESS BOY』からいくつかのシーンを見ながら、素のマイクに迫るという展開。ティエナンがお弁当とともにラブレターを受け取るシーンから「ラブレターをもらった経験は?」と訊かれると、「あります。ちょっとだけです」とふつうに答えた後、「ちょっと、ちょっとちょっと」と、ザ・たっちのギャグを披露し、場内大爆笑。日本に来てから、スタッフに教えてもらったのだとか。そのほか、中学時代に好きな女の子にコマメにメッセージを書いて送った話や、「自分は、好きな女の子がいると黙ってしまうタイプ。最初は様子を見ながら、ちょっとずつ様子を見ながらアプローチする」など、恋愛観や思い出話を披露してくれた。続いては、○×で素顔の自分を答えてもらうQ&Aのコーナー。約10問あるなかで、デートは彼女の好みに合わせるタイプだが、それは物臭だからだという、優しそうでいて……な素顔もちらり。

 抽選会では、賞品として私物の帽子やネックレス、指輪もあり、ネックレスなどはその場で素肌につけるというサービスぶり。当選したファンのなかには、感激のあまり泣き出す人もいた。

 帰国後、マイクは、6月に台湾で放映開始になる主演作『換換愛』の宣伝活動に入る。その後も新作ドラマやCM撮影、また、映画の話もあるという。次回はいつ、どんな話題を持って来日してくれるのだろうか。楽しみである。

『EXPRESS BOY - 悪男宅急電 - 』の視聴はこちらから
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/dorama_expressboy.html


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ