ヘルプ
エンジェルラバー 〜天使の恋人たち〜
 

「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2007」ノミネート・台湾ポップスは彼女抜きに語れない!歌姫アーメイ

[2007年05月16日(水) /稲見公仁子]
華流ニュース 「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2007」ノミネート・台湾ポップスは彼女抜きに語れない!歌姫アーメイ
アーメイ(張惠妹)

「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2007」ノミネート・台湾ポップスは彼女抜きに語れない!歌姫アーメイ

アーメイ
『我要快楽?』
 アーメイ(張惠妹)を知らない台湾人がいるとしたら、それは生まれたばかりの赤ん坊くらいかもしれないーー思わずそう言ってしまいたくなるほど、彼女は台湾にとってポピュラーな存在だ。抜群のリズム感でパワフルなボーカルを聴かせるかと思えば、バラードに込められた情感はひたひたと満ちてくる汐のようで、また人を酔わせる。
 96年にアルバム『姐妹』でデビューするや、瞬く間にスターダムに駆け上がったアーメイだが、すんなりとそこに漕ぎ着けたわけではない。台東のピュマ族の村に生まれた彼女は、幼い頃から歌や踊りが大好きで、その才能は傑出したものだった。しかし、プロ歌手を目指して台北に出たものの、原住民色が強すぎるということで敬遠される日々が続く。耐え忍んだ末、ついに出せた『姐妹』は、皮肉なことに母や妹(『ザ・ホスピタル』に出演のSAYA)、従妹らをバックコーラスに迎えた原住民テイストが受けて9週連続売り上げ1位、累計100万枚の大ヒットを記録。続く97年の『BAD BOY』も同様に100万枚ヒットとなり、彼女は台湾ポップス界でのポジションを確固たるものにし、広くアジアに知られる存在となった。日本では、98年にNHKが制作放映した「ASIA LIVE DREAM」と、05年の「日中友好歌謡祭」で2度のステージに立っている。デビューから今日までの日々のなかには、原住民スターであることを政治的に利用されてしまう不運な時期もあったが、彼女の成功をきっかけに、その後は多くの原住民出身のアーチストがデビューし、成功を収め、台湾ポップスをより奥行きのあるものにしている。つまり、アーメイは、単にひとりの不世出なボーカリストであるだけではなく、台湾ひいては中華圏全体のポピュラーミュージック史にとって重要なポジションを占めるアーチストなのである。

 そのアーメイが、デビュー10周年の昨年発表した『我要快樂?(I Want Happiness)』で来る5月26日に発表されるMTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2007の【Best buzz Asia from Taiwan】の最終ノミネート5組に選ばれた。いささか遅すぎる選出のようにも見えるが、中堅からベテランと言われる域に差し掛かってもダイナミックかつ繊細な持ち味は色褪せないどころか、むしろより円熟味を増したボーカルゆえのノミネート。同曲で6月発表の台湾金曲奬・女性ボーカリスト部門にもノミネートを受けている。

台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報


掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
Copyright(C) 2007 Archiweb All Rights Reserved.
archiweb