ホームニュース > 記事

 女帝[エンペラー]、6月2日(土)ロードショー!!

[2007年04月10日(火) / ライブ台湾]
華流ニュース  女帝[エンペラー]、6月2日(土)ロードショー!!
 女帝[エンペラー] 主演のチャン・ツィイー
 

女帝[エンペラー]予告編
世界を魅了するアジアの宝石チャン・ツィイーが贈る 悲しみさえも絢爛豪華、壮絶なほど美しい復讐劇

国境を越えて、時代を超えて、人類が繰り返し惑溺してきたドラマ──復讐劇。現実世界で叶えてはならないカタルシスを観る者に与えてくれる、大人のための背徳の物語だ。なかでも、信じた愛を奪われた女たちが果たす復讐は、壮絶であればあるほど美しい。そして2007年、絢爛豪華な中国の宮廷を舞台に、純粋な愛と艶かしい欲望が交錯する復讐劇の最新作『女帝[エンペラー]』が、遂に日本に登場する。強く気高い“復讐の華”を演じるのは、スティーヴン・スピルバーグ製作の『SAYURI』で世界中を魅了したアジアのトップ女優、チャン・ツィイーだ。 どんなに高価な宝石も色褪せるほど美しく、その気になれば国を動かせるほどの知力と権力を持つ女が、世界で一番憎い男の前にひざまずかねばならなかった。そして100日の間、昼も夜も、彼女はひたすら待ち続けた。男に復讐を遂げる悦びの瞬間を……。

時は、古代中国の五代十国時代。皇帝の弟リーが、兄を殺して王位を奪い、さらに皇太子をも抹殺しようとしていた。王妃ワンは、密かに想いを寄せていた義理の息子である皇太子を守るため、新帝リーとの結婚に同意する。彼に抱かれながら、魂は復讐の神に捧げる王妃。彼女への欲望に溺れながら、皇太子暗殺を企てる新帝。争いを憎みながら、父の仇を討つ決意をする皇太子。

遂に、時は満ちた。その夜、国を挙げての盛大な宴が開かれ、一つの盃に毒が盛られる。果たして盃は誰の手に──?

提供・配給:ギャガ・コミュニケーションズ Powered by ヒューマックスシネマ
原題『THE BANQUET』/2006年/中国・香港/カラー/シネマスコープ/ドルビーSR・ドルビ−デジタル/131分/PG-12
(c) 2006 Media Asia Films (BVI) Ltd. Huayi Brothers Film Investment Co., Ltd. All Rights Reserved

女帝ホームページURL jotei.gyao.jp


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ