ホームニュース > 記事

F4 台湾観光イメージキャラクター就任 来日記者会見 〜 Wish to see you in Taiwan!!〜

[2007年03月08日(木) / ライブ台湾/稲見 公仁子]
華流ニュース F4 台湾観光イメージキャラクター就任 来日記者会見 〜 Wish to see you in Taiwan!!〜
記者会見場のF4
ソロ活動中心で滅多に揃うことのないF4――ジェリー・イェン(言承旭)、ヴァネス・ウー(呉建豪)、ケン・チュウ(朱孝天)、ヴィック・チョウ(周渝民)の4人。昨年はそれぞれひとりづつ度々来日してくれていたが、ついに2年ぶり4人揃っての来日が実現した。今回の来日は、以前より噂されていた台湾観光局のイメージキャラクター就任を記念してのもの。到着当日の空港には、4500人近いファンがお出迎えに詰めかけたという。

昨日3月7日には、都内某所にてF4台湾観光イメージキャラクター就任来日記念記者会見が開かれ、多くのマスコミが駆けつけた。会見は、まず台湾交通部観光局局長のライ・ソチン女史によるスピーチから始まった。

「台湾はたいへん美しく、宝島と言われています。美味しいものもたくさんあります。F4を通して、日本の皆さんに台湾の持っている美しさ、優しさ、美味しさ、すべてを伝えたいと思っています」との言葉の後、モノトーンを基調にしたそれぞれに個性的なスーツ姿の4人が登壇し、ライ局長から任命書の盾を受け取って記念撮影。「台湾のために力を出すことができて嬉しい」と緊張気味のジェリー。ヴァネスは「僕はアメリカ生まれでアメリカ育ちだけど、台湾はまさに故郷になっている。日本の皆さんにも同じような気持ちになってもらえると嬉しい」と外からの視点も交えて語り、ケンは「台湾はとても自然に恵まれている。この機会を通して生態環境なども知ってもらいたい」と。「皆さん、こんにちは、私はヴィックです。皆さん、可愛いです」といきなり日本語で挨拶してウケを取ったヴィックは、その後も郷里の宜蘭を大プッシュ。「宜蘭は有名人が大勢出た土地なので、是非遊びに来てください」と言って、また大ウケ(編注:実際に宜蘭出身者には、ヴィックのほか、ラン・ジェンロンや映画「深海」監督の鄭文堂、大ヒットドキュメンタリー映画「生命」の監督・呉乙峰、絵本作家のジミーら有名人がいる)。質疑応答の間、4人は密かに耳打ちしあったり仲良さげだった。

この会見では、4月22日(日)に台湾大学総合体育館でF4出演のプレミアムイベント「Wish to see you in Taiwan!!」が開催されることも明らかにされた。「4人が集まるのは1年ぶり。(昨年3月の香港での)コンサート以来のイベントです。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています」とヴァネス。イベントの参加方法については明らかにされなかったが、追って何らかの発表があることだろう。

F4関連作品はコチラ
http://www.livetaiwan.jp/news/newsc/news_page.php?act=270308405


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ