ホームニュース > 記事

 華流エンタメ最前線!Vol. 1

[2007年02月09日(金) / ライブ台湾/稲見公仁子]
華流ニュース  華流エンタメ最前線!Vol. 1
 ドウ・ジーコン、ラン・ジェンロンらのドラマデビュー作『インターン』

ディラン・クォ
ピーター・ホー
ドウ・ジーコン
今年は、新暦の正月から春節(2/18)までの期間が例年になく長い。その1ヵ月半強の間で、台湾ポップス界では大物アーチストのリリースが相次いでいる。今までのところでチャート上位を賑わせてきたのは、五月天(メイデイ)黄立行(スンタリー・ホアン)、蕭亞軒(エルバ・シャオ)、張韶涵(アンジェラ・チャン)、TANKらだ。そのほか、郭品超(ディラン・クォ)も2年半ぶりにセカンドアルバム「同行」を発表した。
 2月前半も、注目アーチストの新譜発売が続いている。2月8日には、日本でも俳優としてお馴染みのピーター・ホーの約6年ぶりのアルバム「好聽對※説」が予定されており、チャン・ナラとのデュエットや元気のシングルをオマケにつけるなど話題が豊富。同じ時期には、張惠妹(アメイ、チャン・フイメイ)のベスト盤、J☆Starの総出演のアルバム「愛的奇蹟3」がリリースされる。こちらは新曲7曲に旧作10曲と盛りだくさんな構成。15日には、黄義達(Yida)の待望のサードアルバム「完整演出」も予定されており、ミュージックシーンは華やかだ。

 ドラマは、この時期は平日夜の新番組に注目。華視では、1月29日から5566王仁甫(ザックス)主演のコメディ『食神』が、中視では金庸原作・竇智孔(ドウ・ジーコン)主演の武侠もの『碧血剣』が2月1日にスタート。『食神』は、周星馳(チャウ・シンチー)主演の香港映画が企画段階で絡んでいたはずだが、そのことを宣伝に使う使わないでひと悶着あった様子。三立都会台では竇智孔、藍正龍(ラン・ジェンロン)らのドラマデビュー作『インターン(大醫院小醫師)』の再放送が久々に始まったところで、竇智孔や馬志翔らが試写会や病院の慰問などで話題づくりに一役買っている。
 週末のトレンディドラマ(偶像劇)は、相変わらず4%台前半の華視『花樣少年少女』を中視『轉角遇到愛』が3%台半ばで追う展開。『花樣少年少女』は、S.H.E飛輪海による主題歌・挿入歌がラジオのシングルチャートを賑わせている。偶像劇は、いよいよクライマックスに入っていく時期。当分、この勢力図は変わらないだろう。

 映画に関しては、今年になってから華語映画自体2作品しか公開されていない状態(いずれも香港映画)。2月もパン兄弟のハリウッド進出作『The Messenger』の公開が予定されている程度と寂しい。

※はニイハオのニイ


 

華流エンタメ最前線!トップページはコチラ
■オススメ華流ドラマ
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/
■オススメ華流映画
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/movie/
■オススメC-POP
http://www.livetaiwan.jp/entertainment/cpop/


台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ