ホームニュース > 記事

華流 行く年&来る年〜行く年編:9月

[2006年12月21日(木) / ライブ台湾/稲見 公仁子]
華流ニュース 華流 行く年&来る年〜行く年編:9月
 ジェリー・イェン(言承旭)
<国内編>
 残暑。ついにジェリーが……

●9/2(土)、トニー・ヤン(楊祐寧)主演の台湾映画「夢遊ハワイ(原題:夢遊夏威夷)」が公開される。監督は、徐輔軍(シュー・フーチュン)。

●9/8(金)9(土)、ジェリー・イェン(言承旭)の来日イベントが東京国際フォーラム・ホールAで3回にわたって開かれる。 ●9/9(土)、李芸嬋(ロビン・リー)監督の「靴に恋する人魚」が公開され、ダンカン・チョウ(周群達)が初日舞台挨拶を行う。

ディラン・クォ
金城武
●9/12(火)、初主演作である香港映画「雨音にきみを想う(原題:摯愛)」の日本公開を11月に控えたディラン・クォ(郭品超)がプロモーション来日。映画公開を記念してお台場でファンミーティングを開催。

●9/16(土)、日本映画「シュガー&スパイス〜風味絶佳〜」公開。チェン・ボーリン(陳柏霖)も初日舞台挨拶に参加する。

●9/14(木)、話題作「ウィンター・ソング(原題:如果、愛)」のプロモーションで、監督の陳可辛(ピーター・チャン)と主演の金城武、ジョウ・シュン(周迅)が来日。丸の内でファンイベントと公開記者会見が開かれる。

●9/23(土)、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)監督の映画「西瓜(原題:天辺一朶雲、東京国際映画祭上映時タイトル:浮気雲)」が公開される。

●9/30(土)、ウォレス・フォ(霍建華)の映画デビュー作となる香港映画「愛さずにいられない(做頭)」が公開される。監督は江澄(ジャン・チェン)。

<台湾編>
 金馬奬のエントリー・シーズンとなる9月。話題のスリラーにドキュメンタリー映画もヒット。

●9/18(月)、ワン・チュアンイー(王傳一)のドラマ『極道學園』が華視で放映開始になる。共演者には、日本人俳優の藤岡※(別名・藤岡竜雄)も。

●9/22(金)、原住民のサッカー少年たちを題材にしたドキュメンタリー映画『奇蹟的夏天』が台北で公開される。監督は、楊力州 (ヤン・リージョウ)と張榮吉(チャン・ロンジ)。本作は、この年の金馬奬(10月)の最優秀ドキュメンタリー賞を受賞することになる。

●9/29(金)、江口洋介とチャン・チェン(張震)がダブル主演した台湾映画『詭絲(邦題:シルク)』が台北公開される。監督は蘇照彬(スー・チャオピン)。出演はほかに、バービー・スー(徐熙媛)、カリーナ・ラム(林嘉欣)、チェン・ボーリン、チャン・チュンニン(張鈞*)ら。ヒットチャートで初登場3位を記録。

●9/29(金)、ドキュメンタリー映画『醫生』が台北で公開される。本作は、台北電影節台北電影獎で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞していた。監督は鍾孟宏(チョン・モウホン)。

ウォレス・フォ
●9/30(土)、ウォレス・フォ主演のドラマ『屋頂上的?寶石』八大電視(GTV)で放映開始になる。このドラマの放映時間は、その後、11/6(月)より平日9時台に変更されることになった。

※は、「青」に「定」
*は、「寧」の文字の心の下が「用」になった文字



台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ