ホームニュース > 記事

「ライブ台湾」1周年記念プレ企画 : 金馬奬速報&会場レポート!

[2006年11月27日(月) / ライブ台湾]
華流ニュース 「ライブ台湾」1周年記念プレ企画 : 金馬奬速報&会場レポート!
 
11月25日(土)台北ドームにて、中国語映画界最大の祭典・金馬奬の授賞式が行われました。
日本のメディアはあまり来ていなかったようですが、ナント!「ライブ台湾」はプレス・センター内に特等席をいただくことができました。
写真はプレス・センターで撮影したもので、主演男優賞受賞の郭富城(アーロン・クォック)左と主演女優賞受賞の周迅(ジョウ・シュン)右です。
会場の模様は後日詳しくお伝えします!お楽しみに。

さて、各賞の結果ですが、「ライブ台湾」が東京国際映画祭の時から追っかけて来た『シルク』は作品賞を逃しましたが視覚効果賞を獲得、また、『永遠の夏』のブライアンが最優秀新人賞を獲得しました!祝!授賞式の後に行われた打ち上げ会にも参加させていただいて、『永遠の夏』のブライアンと、もう一人、受賞できなかったものの今回『指尖的重量』という作品で助演男優賞と最優秀新人賞の2部門にノミネートされていた呉中天にコメントをもらうことができましたので、後日「ライブ台湾」でご報告します。お楽しみに!

- 東京国際映画祭で最優秀芸術貢献賞と最優秀アジア映画賞をダブルで受賞した『父子』が金馬奨最優秀作品賞の他、最優秀男優賞と最優秀助演男優賞を獲得。

- 同じく東京国際映画祭で好評だった『一年の初め』が最優秀オリジナル映画音楽賞・最優秀編集賞・フォルモッサ映画賞を獲得。

- また、11月11日から日本で劇場公開されている『ウィンター・ソング』(如果愛)が、最優秀監督賞・最優秀女優賞・最優秀撮影賞・最優秀オリジナル映画主題歌賞を獲得。

- それから、来年日本での劇場公開が待たれる『夜宴』は、最優秀美術賞と最優秀造型賞を獲得。

明日は、金馬奨授賞式直前に撮影した『永遠の夏』出演者&監督のインタビュー特集の予定です。

受賞リストの詳細は下記になります。

台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ