ホームニュース > 記事

w-inds.、元ちとせが中華圏アーティストと日本で初競演!!

[2006年11月06日(月) / ライブ台湾]
華流ニュース w-inds.、元ちとせが中華圏アーティストと日本で初競演!!
 
w-inds.、元ちとせが中華圏アーティストと日本で初競演!!
日本とアジアのビッグスターが続々登場!
「2007 日本中華年 」キックオフイベント
中華年記念音楽祭

今週11月9日(木)18:30より、パシフィコ横浜国立大ホールで、特定非営利活動法人世界華商大会・中華年事務局主催による中華年のキックオフイベント、「中華年記念音楽祭」が開催されます。

「中華年記念音楽祭」は、華商による世界最大規模のビジネス会議「世界華商大会」が来年日本で初めて開催されることを契機に、世界中の華僑・華人と日本人との交流を促進するために行われる、年間を通じてのイベントシリーズ「2007 日本中華年」のオープニングとなる催しで、このコンサート以降、様々な催しが日本各地で行われます。

「中華年記念音楽祭」においても、中華年のテーマである華僑・華人と日本人の交流を実現し、日本のビッグネームであるw-inds. 、元ちとせ、 中孝介の他、中国大陸から阿宝(アーバオ)、韓雪(ハン・シュエ) 、吉祥三宝(ジーシアンサンバオ)、台湾から周華健(エミール・チョウ)、S.H.E、王心凌(シンディ・ワン)など、各国で人気と高い評価を得ている豪華なアーティストが国境を越えて集ります。

■公演タイトル: 中華年記念音楽祭
■主催:特定非営利活動法人 世界華商大会・中華年組織委員会
■後援:外務省、国土交通省、横浜市都市経営局、横浜商工会議所
■出演:元ちとせ/日本
 w-inds. /日本
 中孝介/日本
 阿宝(アーバオ)/中国大陸
 韓雪(ハン・シュエ)/中国大陸
 吉祥三宝(ジーシアンサンバオ)/中国大陸
 周華健(エミール・チョウ)/台湾
 S.H.E/台湾
 王心凌(シンディ・ワン) /台湾 (順不同)
■公演日:2006年11月9日(木)
■会場:パシフィコ横浜国立大ホール
 (横浜市西区みなとみらい一丁目1番1号 )
■開場時間: 17:30
■開演時間: 18:30(予定)
出演歌手の詳細は下記をご覧下さい。

 

【元ちとせ】(日本)
鹿児島県奄美大島出身。小学生の時から島唄を習い始め、高校3年で「奄美民謡大賞」の「民謡大賞」を史上最年少で受賞。2002年2月にメジャー・デビューシングル「ワダツミの木」を発表、オリコンチャートで一位を獲得する大ヒットとなる。2004年1月に結婚と妊娠を発表し活動を休止するも、2005年に11月にシングル「語り継ぐこと」で復帰、その後もシングル「春のかたみ」、アルバム「ハナダイロ」をを相次いで発表。美しく伸びやかな歌声でファンを魅了し続けている。

 

【w-inds.】(日本)
ヴォーカル慶太、コーラス・ラップ・ダンスの涼平、龍一からなるボーカルダンスユニット。2001年のデビューアルバム「w-inds.〜1st message〜」でいきなりオリコン1位を獲得。その後人気は、中華圏全域に広がり、特に台湾では日本人アーティスト初の、アルバム4作連続総合チャート1位を記録。中華圏最大の音楽祭「MTV Mandarin Award 2006」では、中華圏でも最も影響力のある日本人歌手に贈られる「ザ・モスト・ポピュラーグループ・オブ・ジャパン」を受賞した。


 

【中孝介】(日本)
鹿児島県奄美大島出身、在住。26歳。透明感のある優しい声とファルセット、シマ唄のコブシ回しから奏でられる歌声で注目を集める新人アーティスト。高校生の頃独学で島唄を始め、2000年に「奄美民謡大賞」の「新人賞」を受賞。今年3月デビューシングル「それぞれに」をリリース。この楽曲は香港のスター、アンディ・ラウにより広東語でカバーされた。10月リリースされたミニアルバム「なつかしゃのシマ」で中国人女性シンガー韓雪とのデュエットを披露。アジアを舞台に活動を続けている。


 

【周華健(エミール・チョウ)】(台湾)
1960年香港生まれ。台湾大学在学中に弾き語りのアルバイトをしているところをスカウトされる。87年にアルバムデビュー。以後発表したアルバムがいずれもヒットを記録し、中華圏を代表する実力派シンガーソングライターとして不動の地位を固める。1996年にはBillboard誌の"1995年度チャイニーズ・ポップスNo1.シンガーソングライター賞"を受賞。自作曲のほか、CHAGE&ASKA『男と女』や喜納昌吉『花』などのカバー曲も発表している。


 

【 S.H.E 】(台湾)
2001年にデビューした中華圏を代表する女性ボーカルトリオ。台湾の新人歌手発掘オーディションで選ばれた、セリーナ(Selina)、ヒービー(Hebe)、エラ(Ella)の三人の頭文字をとってS.H.Eと名付けられた。アップテンポなダンスチューン、スローバラード、ロックバラード、リズム&ブルースまでもこなす。2003年には、日本の国土交通省の Visit Japan キャンペーン親善特使を務めた。


 

【王心凌(シンディ・ワン) 】(台湾)
2003年、アルバム「Begin...」でデビュー。透明感のあるボーカルと可愛らしい女子高生的なスタイルが爆発的な人気を呼び、台湾及び中華圏の音楽シーンにおいてトップアイドルの仲間入りを果たす。日本の楽曲のカバーも多く、『月光』(ヴィレッジ・シンガーズ、島谷ひとみ「亜麻色の髪の乙女」)や、「愛的滑翔翼」(大塚愛「桃ノ花ビラ」、「打起精神来」(竹内まりや「元気を出して」)などがある。女優としても活躍し、台湾で3作のドラマに主演。ともに高視聴率を記録している。


 

【韓雪(ハン・シュエ) 】(中国大陸)
2000年、上海のテレビ局主催のオーディション番組で映像部門の新人賞を受賞。2001年に演劇系大学の名門・上海戯劇学院に入学。演技や歌を学びつつ、数々のテレビドラマや映画に出演する。2004年に中島美嘉の「雪の華」を中国語でカバーした楽曲「飄雪」が大ヒット。歌手としてもトップアーティストの仲間入りを果たす。今年10月、中孝介とのデュエット曲「記憶-LastForever-feat.韓雪」で、日本でもその美しい歌声を披露した。


 

【阿宝(アーバオ) 】(中国大陸)
1970年山西省の農村地区に生まれる。10代から歌手を志し、数々の歌唱コンクールに出場。2005年、25歳のときに、中国中央電視台のオーディション番組で年間チャンピオンの座を獲得し、CDデビューを果たす。2006年春節には「春節聯歓晩会」(中国の“紅白歌合戦”)出演を果たし、その名と歌声を中国全土に知らしめた。頭にタオルを巻き、羊皮の服を着て民謡歌曲を高らかに歌うその姿から、“農民歌手”と呼ばれ、多くの人に親しまれている。


 

【吉祥三宝(ジーシアンサンバオ)】(中国大陸)
内モンゴル出身の夫婦とその姪で構成する三人ユニット。昨年モンゴル語で大自然を家族に喩えて歌った楽曲「吉祥三宝」を発表。大草原でのびのびと育った少女の歌声の純朴さ、可愛らしさが大きな反響を呼び、中国全土で大ヒットを記録した。昨年末の中国中央テレビ「春節聯歓晩会」(中国の“紅白歌合戦”)に出場。

NHK BS2 にて
「12月30日(土)午後3時〜 90分、『中華年記念音楽祭』の模様を放送予定」


◆元ちとせとw-inds.に関連する過去のニュース
  w-inds.、元ちとせが中華圏アーティストと日本で初競 ( 11/06 )

 

台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ