ホームニュース > 記事

 大人も感じさせる素の僕をお見せします〜ヴィック・チョウ、DVD&写真集発売報告記者会見

[2006年09月11日(月) / ライブ台湾/稲見 公仁子]
華流ニュース  大人も感じさせる素の僕をお見せします〜ヴィック・チョウ、DVD&写真集発売報告記者会見
F4 Real Film Collection
 単独来日の相次ぐF4。5月のケン、7月のヴァネスに続き、去る8月24日、ヴィック・チョウが来日記者会見を開いた。プライベートDVDとソロ写真集の制作・発売を発表するためである。

『F4 Real Film Collection "Vic Chou ヴィック・チョウ"』(10/6ワーナー・ホームビデオより発売)と名付けられたDVDは、映画『化粧師』『精霊流し』で知られる田中光敏監督の手によるものだ。

「とても楽しい体験でした。ふだんからやりたかったことが撮影を通して全部実現できたんです。故郷の宜蘭に一度戻ってノスタルジーに浸りたいという気持ちがあったんですが、今回、この計画が実現できて素晴らしかった。素顔の自分、真実の自分をお見せします」と、シリアスに語り始めたヴィック。撮影中には、高校時代の恩師との再会というサプライズもあったそうだが、「先生に会うのは8年ぶり、まさか会えるとは思いもよりませんでした。びっくりしたけど、カメラを意識して、冷静なふりをしていました。先生も外見が記憶の中の先生に比べ、やはり年を取ったなというのが素直なところです。歳月は残酷ですね」と、今度は冗談とも本音ともつかぬコメント。高校時代に戻れたら先生との距離を縮めたいそうだが、その方法はやんちゃな方向にどんどん進み「先生の頬をつねってみたいですね。それで距離感がぐんと縮まるのではないかなと思います」

 DVDと並行して制作中なのは、10月下旬発行予定のソロ写真集『TAIPEI & TOKYO 4FACES(仮)』(角川書店)だ。会見場で流れたサンプル映像の自分を見て、自ら「カワイイ」と口にしたヴィック。遊園地や繁華街、淡水などをめぐった台北での撮影が終わり、東京での撮影は会見の後だという。「最終的には、可愛さだけではなくて、様々なシチュエーションでの表情が盛り込まれると思います。自分でも今まで見たことのない一面を披露することになるでしょう」と。

「今の僕は、以前よりは、自分のやりたいことがはっきりわかるようになりました。ですから、今回、このプライベートDVDや写真集で、今まで見せたことのない自分を皆さんに見せしたいと思いました。以前は、可愛さやお茶目な部分だけでよかったのですが、今は自分の大人っぽい面、落ち着いた雰囲気、そういうものも持っていることをアピールしたいと思います」

 25歳になって、将来を見越した生き方についても考えるようになったと語る。F4の末っ子キャラから大人に成長したヴィックの姿を留めた、DVDと写真集の発売が待ち遠しい。

●F4 Real Film Collection "Vic Chou ヴィック・チョウ"
\4,980(税込)/10月6日発売/ワーナー・ホーム・ビデオ

●TAIPEI & TOKYO 4FACES(仮)
予価\2,500/10月下旬発売/角川書店

台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ