ホーム第20回東京国際映画祭 > 遠い道のり(最遙遠的距離)

第20回東京国際映画祭 ライブ台湾セレクション

『遠い道のり』舞台挨拶

 2007年10月20日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて映画『遠い道のり』の上映会と、リン・チンチェ監督ほか、主演のモー・ズーイーやグイ・ルンメイを招いての舞台挨拶が行われました。
 主演のグイ・ルンメイとモー・ズーイーの日本語によるあいさつで始まった舞台挨拶では、この作品の脚本も手がけたリン・チンチェ監督により作品のテーマが語られたほか、主演の2人が、それぞれこの映画に出演しようと思ったきっかけについてお話してくださいました。 舞台挨拶の模様は、動画にてご覧いただけます。

 

グイ・ルンメイ 映画『遠い道のり』個別インタビュー  記者:島田亜希子

 第20回東京国際映画祭「アジアの風」部門で、主演作『遠い道のり』が上映されたグイ・ルンメイ。大盛況となった初回上映の翌21日、来日中の彼女にこの作品についての話を伺うことができた。

映画『藍色夏恋』で見せたフレッシュな魅力で、日本でも多くのアジア映画ファンの心をつかんだグイ・ルンメイ。周杰倫(ジェイ・チョウ)監督の映画『不能説話的秘密』でも、とびきり爽やかな高校生役を演じてみせてくれた彼女だが、今回日本で上映されたこの『遠い道のり』では、不倫の恋に悩み、酒をあおることで気を紛らわすOLという、今までのイメージとはかなり異なる役柄に挑戦している。

 実際に演じた際、とても難しさを感じたという彼女。ではどうやってその役作りに挑んでいったのだろうか。
「監督とお話をして、初めて脚本を読んだ時、とてもこの役柄というのは抽象的でとらえにくかったんです。自分でも、本当にぼんやりとした形でしかとれなかったですね。ちょうどその頃、一冊の本を読んで、それは、やはり働く女性が主人公で、そして彼女はアル中で…、ということが書いてある小説でした。これを役作りに役立ててみようかと思って、実際に監督にお話をしたら、『特にそれはあまり強く出さない方が良い』と言われました。でも、私は演じるときにそれを少しだけ出していきました。今回の役は、私が今まで演じてきた高校生の役などとは全然違います。やはり“愛人”という役柄ですから、そこの違いを出す為に、そういった雰囲気を出したんです」
 では逆に、「一番お気に入りのシーンは?」と尋ねると、やはり困難だったイメージの方が彼女の中では強いのか、少し迷ってから、こう答えてくれた。
「一番印象深く残っているのは、恋人とベッドに入っているところから始まるシーンですね。二人で話をしていたのに、彼は別の女性の電話を取ってしまう、というシーンなんですけど、ここのその感情の移り具合に、今でも私はとても感動しているんです。やはり人生には“どうしようもないこと”というものがあるわけで、自分ではとても変えられないこと、というのが、いっぱいあります。好きな人が側にいる、その人が別の女性と話をしていても、自分はどうしようもないんだということ、それを“私”は、お酒を飲みながら見ているしかない…、ということなんですよね。そのあたりが私にはとても印象に残る部分であり、感動的な部分でした」
 出演作を選ぶ時は、自分で感動できる何かを共有できるような作品を選ぶのが彼女なりのこだわりなのだとか。
「作品選びのポイントは、私はロマンティストなところがあるので、あまり理性的に作品選びができないタイプなんです。『藍色夏恋』の時は、どういう動機で出演することになったかというと、いつもと違った17歳の夏を経験したかったからで、『時の流れの中で』に出演しようと思ったのは、故宮を世界の色んな人たちに紹介するということが、とても面白いと思ったからなんです。そして今回の『遠い道のり』は、監督とお会いして、この映画を亡くなった友人のために完成させたいという、その夢に力を貸したい、というふうに思い、そこに感動したからです。だから、ストーリーも大事だし、監督がどういう方かというのも、とても大事ですが、私が作品を選ぶ時は、そういう何に感動したかということが大事なんです」
 現在は、台湾の映画や、大陸・香港との合作の話、そしてテレビドラマ出演などの中から次回作を検討中で、「いろいろと違う役をやってみたいですね。この役、というふうに枠にはめたくはないです」と、女優としての展望も語っていた彼女だけに、次回は一体どんな役柄に挑戦してくれるのかが、非常に楽しみ。これからも、透明感溢れる素敵な女優として、活躍をしていってもらいたい。
  遠い道のり(最遙遠的距離)

Staff

監督:リン・チンチェ
プロデューサー:リン・チンチェ、共同プロデューサー:タン・シャンツウ、 アソシエイト・プロデューサー:ホン・ツァンリャン、脚本:リン・チンチェ、 撮影:ヤン・ウェイハン/ソン・ウンゾン、編集:リャオ・チンソン/チェン・シャウトン   エグゼクティヴ・プロデューサー:エリック・コ   アソシエイト・プロデューサー:ジャクリーン・リウ   脚本:ヤンヤン・マク   撮影:SK イプ/チャーリー・ラム/ネルソン・セト   音楽:ヤンヤン・マク/テレンス・ヤン   編集:テレンス・ヤン   美術:カーメン・チャン

Cast

グイ・ルンメイ/モー・ズーイー/ジア・シャオグオ

Story

録音技師の青年が「音」を求めて東へ旅するなかで傷心の精神科医と出会い、自らの“心の旅”も始まっていく。台湾で今年の最高傑作との呼び声も高いフレッシュな1本。

Website

http://www.wretch.cc/blog/Distant2007(中国語のみ)

Credit

カラー/110min./35mm/中国語

◆一つ前のページへ戻る

本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ