ホームエンターテインメント > 華流映画のご紹介

新着映画情報

1911年の辛亥革命を起こし、アジア初の共和制国家・中華民国を建国したことで、“国父” “中国革命の父”として母国のみならず日本の政界、財界での評価も高い孫文。『孫文−100年先を見た男−』は辛亥革命前夜、9回目の武装蜂起に失敗し、マレーシア・ペナンへと亡命した孫文の失意の日々、そして革命実現の希望を取り戻す過程が描かれています。...
2009年7月21日 UP!!
関連ニュース
香港映画界がハリウッド映画『セルラー』のリメイクに挑戦!その意表を突いた史上初の企画が、オリジナルを凌駕する傑作を生んだ!!...
2009年6月2日 UP!!
関連ニュース
ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武が夢の共演を果たした映画『ウォーロード/男たちの誓い』(原題:投名状)がついに日本上陸!...
2009年2月11日 UP!!
関連ニュース
興行収入50億円を突破した『レッドクリフ PartI』に引き続き、いよいよ『レッドクリフ PartII』が公開されます...
2009年2月9日 UP!!
関連ニュース
香港の奇才、ジョニー・トー監督の最高傑作がついに日本で公開! 2006年9月のベネチア国際映画祭コンペティション部門でワールドプレミア上映され、「インファナル・アフェア」以来最高の話題作と各方面から絶賛を浴び、10月の香港公開では堂々の第1位を獲得、先頃の台湾金馬奨でも見事受賞を果たしました。...
2008年10月17日 UP!!
関連ニュース


来日特集

2月5日(木)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ 全スクリーンを貸し切り開催された映画『レッドクリフ PartII』の完成披露フェスティバル。 大阪、名古屋のTOHOシネマズ及び福岡の天神東宝スクリーンでもフェスティバルを同時に開催。さらに、大阪、名古屋、の会場ではフェスティバルの模様を生中継!と全国で一気に『レッドクリフ PartII』旋風が巻き起こった...
2009年2月9日 UP!!
関連ニュース
ジョン・ウー監督の最新作『レッドクリフ Part I』の試写会。TOHOシネマズ六本木シアターの舞台に登場したalanは黒のゴシックロリータ調の衣装に深紅の振袖を羽織った目にも鮮やかなファッションで登場...
2008年10月10日 UP!!
関連ニュース
シネマート六本木で開催中の台湾シネマ・コレクション2008。9月6日(土)には、映画『ビバ!監督人生!!』監督・主演のニウ・チェンザーが来日し、松下由美さんが司会を務める中、作品を鑑賞したばかりの観客たちとのティーチ・イン(Q&A)が行われました。
2008年9月16日 UP!!
関連ニュース
台湾でヒットした映画8作品を一挙に公開する <<台湾シネマ・コレクション2008>> が8月23日(土)より開催されました。 初日の舞台挨拶には、映画『ウェスト・ゲートNo.6』と『DNAがアイ・ラブ・ユー』に出演しているエディ・ポン(彭于晏)さんが登場!
2008年8月27日 UP!!
関連ニュース
8月6日、都内某所にて映画『レッドクリフ』の来日記者会見が行われた。ハリウッドで活躍するジョン・ウー監督が100億円をかけて作り上げた歴史大作ということで、会場には日本、そして海外からのメディアも含め多くのマスコミ関係者らが集まり、大いに賑わいを見せていた。フォトギャラリーとあわせてお楽しみ下さい!
2008年8月8日 UP!!
関連ニュース


映画予告編特集

ジェイ・チョウ主演 メガすごいバスケットボール映画『カンフー・ダンク!』が8月16日に公開!
2008年6月9日 UP!!
関連ニュース
「幻の茶」を巡る、「家族愛」と「恋愛」を描いた究極のアジアン・エンタテインメントが7月12日よりシネマライズ、ほか全国順次ロードショー!
2008年6月12日 UP!!
視聴する 視聴する 関連ニュース


映画祭特集

大阪発。日本全国、そしてアジアへ!春一番、見たことのないアジア映画がやってくる!...
2009年3月4日 UP!!
関連ニュース


 
台湾から天然水を緊急輸入
オススメ情報
本サイトに掲載されている全ての情報の無断転載を禁じます。
ヘルプ お問い合わせ